Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 感染管理担当者のための英文読解ガイド(Y’s English) > はじめに
Y’s English
感染管理担当者のための英文読解ガイド
はじめに

はじめに

病院感染に関する最新のガイドラインのほとんどは、科学的なエビデンスに基づいて作成されています。それらの根拠である学術文献の多くは、国際的に報告された原著として英語で書かれています。米国のガイドラインは、国内の関係する先生方のご尽力により、いくつも邦訳され出版されていますが、それらについてさらに詳しく調べるためには 、そこで引用された英語文献を読むしか方法の無い場合があります。英語に慣れていないと、それはなかなか大変な作業です。

感染管理を担当する多忙な方で、日頃英語は敬遠気味という方に、何か英語に親しむ「きっかけ」を提供できればという思いから、この「感染管理担当者のための英文読解ガイド」のコーナーを設けてみることにしました。英語の専門家が執筆するのではないため、英語そのものについて詳しくは解説できませんが、感染対策に関連する用語についてはなるべく説明を加えますので、知識を再確認しながら英語にも親しむ機会としてご利用いただければ幸いです。

必要に応じて高校生向け程度の英和辞典や英文法参考書を参照いただければ、多くの方が利用可能と思います。インターネットを活用した英語医学文献検索の手順についても若干説明しました。

英文は米国のCDC (Centers for Disease Control and Prevention:疾病管理防疫センター)が公表しているMMWR(Morbidity and Mortality Weekly Report:罹患率・死亡率週報)の勧告と報告(Recommendations and Reports: RR)や週報(Weekly)などから一部を抜粋して取り上げます。CDCはMMWRをインターネット上で公開し(http://www.cdc.gov/mmwr)、さらにそれを公共物と表明して自由な 転載を許可しています。

2003年4月

吉田製薬株式会社

追記:
このコーナーについての感想をメールにてお寄せいだだければ幸いです。メールはinfo@yoshida-pharm.co.jpまでお願いいたします。ただしこのコーナーで具体的に紹介する英文以外についてのご質問は受けかねますので、ご容赦をお願いいたします。

Return | NEXT

関連サイト