Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2003 > エビアンインフルエンザがドイツへ伝播
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2003/05/15

エビアンインフルエンザがドイツへ伝播

May 15, 2003, Vol. 7, Issue 20
Eurosurveillance Weekly: Avian influenza spreads to Germanyの要旨

http://www.eurosurveillance.org/ew/2003/030515.asp
http://www.eurosurveillance.org/index-02.asp

病原性の高いエビアンインフルエンザウイルスH7型によるトリの感染が、オランダに近接するドイツの村において確認された。これでトリの集団感染はオランダ、ベルギー、ドイツにおいて報告されたことになる。ヒトの感染はオランダ、ベルギーで報告されている。欧州委員会は流行地域からの生きた家禽、孵化用卵の移動を禁止している。

<訳註>
オランダなどにおけるインフルエンザウイルスA(H7N7)型によるヒト感染は、もっぱら養禽従事者などにおける結膜炎症状として報告されていますが、肺炎による死亡例もあります。詳しくはこちらをご覧下さい。
Eurosurveillance 2003.05.15/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2003.05.19

関連サイト