Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2003 > シンガポールにおける新しいSARS確認例
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2003/09/11

シンガポールにおける新しいSARS確認例

September 11, 2003, Vol. 7, Issue 37
Eurosurveillance Weekly: New laboratory confirmed SARS case in Singaporeの要旨
http://www.eurosurveillance.org/ew/2003/030911.asp
http://www.eurosurveillance.org/index-02.asp
WHOは、シンガポールの重症急性呼吸器症候群(SARS)症例におけるSARSコロナウイルス感染を検査確認したと発表した。この感染は2箇所のウイルス研究所で働く27歳の男性研究生に発生したもので、SARS症例との接触は確認されておらずシンガポール以外のSARS伝播地域への渡航暦もない。8月 26日に発症し、発熱と乾性咳がみられたが胸部X線所見は正常で、入院・隔離の後、全快した。25名の直接接触者が自宅検疫を受けた。2次感染は発見されておらず、シンガポールは渡航上安全である。

<訳註>
本例は2003年7月初頭に終息したSARS流行後はじめてのSARS確認例です。感染源はまだ不明ですが、上述のウイルス研究所におけるバイオセーフティについてWHOとCDCの専門家にも調査が依頼されたとのことです1)。SARSについてはY’s Letter No.18最新情報6:重症急性呼吸器症候群(SARS)をご覧下さい。

<参考>

1) Ministry of Health, Singapore: Press Release. Internet publication on September 11, 2003 at http://app.moh.gov.sg/sars/news/update_details.asp?id=1&mid=8140

Eurosurveillance 2003.09.11/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2003.09.16

関連サイト