Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2003 > シンガポールでのSARS事例とバイオセーフティー
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2003/09/25

シンガポールでのSARS事例とバイオセーフティー

September 25, 2003, Vol. 7, Issue 39
Eurosurveillance Weekly: Singapore MOH publishes review panel report on most recent SARS case and biosafetyeの要旨

http://www.eurosurveillance.org/ew/2003/030925.asp
http://www.eurosurveillance.org/index-02.asp

シンガポール健康省により任命されたWHOのバイオセーフティー専門家を中心とするパネルは、シンガポールでSARSに感染したウエストナイルウイルス研究者が、勤務先の研究所においてバイオセーフティー上の試験手順を遵守しなかったこと、および取り扱っていたウエストナイルウイルスが同研究所内にあるSARSコロナウイルスで交差汚染されたことにより感染した疑いが強いと報告した。またこのパネルはシンガポールにある4箇所のバイオセーフティーレベル3の研究所についてすべて調査し、法的なバイオセーフティー標準と強制的な安全規則を制定することを推奨した。
<訳註>
これはhttp://www.yoshida-pharm.com/euro/2003/030911a.htmの続報です。
このパネル報告書は下記で閲覧することができます。
http://www.moh.gov.sg/sars/pdf/Report_SARS_Biosafety.pdf
Eurosurveillance 2003.09.25/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2003.09.30

関連サイト