Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策ガイドライン > CDC ガイドライン > 全般的対策 > 医療施設における環境感染管理のためのガイドライン(2003)
Overseas
Guideline
CDC ガイドライン
2003/11/20

医療施設における環境感染管理のためのガイドライン(2003)

CDC: Guidelines for Environmental Infection Control in Health-Care Facilities. MMWR 2003;52(RR-10).
http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/rr/rr5210.pdf
倉辻忠俊、切替照雄訳、小林寛伊監訳:医療保健施設における環境感染制御のためのCDCガイドライン.メディカ出版、大阪、2004.
<注釈>

本ガイドラインは手洗い・病院環境管理のためのガイドライン(1985)の一部を改訂したもので、環境感染管理における以下の項目などについて勧告しています。

空調管理:
一般空調、HEPA空調、換気回数、改修工事時のアスペルギルス対策、重度免疫不全患者の陽圧病室、空気感染予防のための陰圧病室、手術室など

水管理:
水まわり衛生、温水・冷水の温度管理、改修工事時の注意、塩素消毒、クーリングタワー管理、レジオネラ対策、透析用水、製氷機、水治療浴槽など

環境整備:
医療機器・病室環境の清掃・消毒、植物、ペストコントロールなど

環境調査:
空気・水・環境表面の微生物検査

洗濯・寝具:
洗濯室、洗濯物の扱い、洗濯条件(71℃25分)、マットレス・枕など

医療施設内の動物:
盲導犬、治療用動物など

医療廃棄物:
医療廃棄物の分類、扱い、輸送、保管、処理、廃棄

環境清掃・消毒については以下のような勧告をしています。

  • 環境表面は定期的に清掃し、汚物は直ちに清掃すること。カテゴリーII
  • 汚れの内容が不明な場合、ないし多剤耐性菌による汚染の恐れがある場合には、消毒薬入り洗浄剤(訳注:日本では塩化ベンザルコニウム、両性界面活性剤などに相当)で清掃すること。カテゴリーII
  • ドアノブなど高頻度に接触する表面は、床などほとんど接触しない表面よりも頻繁に清掃・消毒すること。カテゴリーII
  • 血液・体液は拭き取り、500-615ppm次亜塩素酸ナトリウムで消毒すること。カテゴリーIB
  • 血液・体液を拭き取る前に消毒薬を適用する場合は、5,000-6,150ppm次亜塩素酸ナトリウムを使用すること。カテゴリーIB
Yoshida Pharmaceutical Co., Ltd. 2004.11.26

関連サイト