Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策ガイドライン > DHガイドライン > ガイドライン > 感染管理:プライマリケアとコミュニティーケアにおける医療関連感染の予防(2003年)
Overseas
Guideline
DH ガイドライン
2003/11/16

感染管理:プライマリケアとコミュニティーケアにおける医療関連感染の予防(2003年)

Infection control: Prevention of healthcare-associated infection in primary and community care.
http://www.epic.tvu.ac.uk/PDFFiles/Prevention%20of%20HAIs%20in%20primary%20and%20community%20care.PDF
<注釈>

本ガイドラインは英国健康省のEPICプロジェクトにより2003年に公表されたもので、2001年の「病院感染予防のためのガイドライン フェーズ1」に続くものです。診療所などでの1次医療、家庭・老人施設などでの在宅医療における感染管理に関する勧告です。

本ガイドラインは以下の4つの部分から構成されています。

  • 標準的原則
  • 長期導尿カテーテル
  • 経腸栄養
  • 中心静脈カテーテル

その内容は、病院感染予防における感染管理の手法とほぼ同様であり、診療所、家庭、老人施設においても、感染リスクのある医療行為やケアを行う場合には、病院におけるのと同等の厳密さで感染管理を行う必要のあることが示されています。

また、本ガイドラインは長期導尿カテーテル、経腸栄養などに関する2003年時点でのエビデンスを体系的に調査し、勧告をランク付けしたものとして、病院においても参照することができます。それら挿入部位の清潔維持に関しては、尿道口は毎日石けんと水で洗浄すること、および栄養チューブのストーマは毎日水で洗浄し乾燥させることが勧告されており、生体消毒薬の適用は特に勧告されていません。

Yoshida Pharmaceutical Co., Ltd. 2002.06.30

関連サイト