Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2003 > 健康保護局(HPA)が運営開始
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2003/04/03

健康保護局(HPA)が運営開始

PHLS. CDR Weekly April, 2003;13(14).
PHLS Media Services: Health Protection Agency now in operation.の要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/PDFfiles/2003/CDR1403.pdf
健康保護局(Health Protection Agency: HPA)が2003年4月1日運営を開始した。HPAは以下の機関からその機能と専門技術を統合したものである。

  • 伝染病サーベーランスセンターを含む、公衆衛生試験所(PHLS)
  • 応用微生物学研究センター
  • 国家化学事故機構
  • 化学事故の管理を支援する地域サービス組織
  • 国家毒物情報サービス
  • 感染症管理、緊急計画、その他防護的支援を担当するNHS(公的医療機関)の公衆衛生スタッフ

イングランドとウェールズで運営するHPAは、新立法が制定されるまで、国家放射線学保護機構(NRPB)と協調して運営する。その後、NRPBの機能はHPAに移譲される予定である。

<訳註>
以前、ご紹介した(http://www.yoshida-pharm.com/uk/2002/020110.htm)とおり、PHLSと化学事故などを担当する機関が統合され、HPAとして運営されることになりました。当分の間はこれまでどおり”PHLS Media Services”のサイトにCDR Weeklyが公開され、数ヶ月後には新組織に基づいた体裁に変更されるとのことですが、PHLS本体は既にHPAに統合されています。
HPAのサイトはこちら(http://www.hpa.org.uk/)です。
CDR Weekly: 2003.04.03/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2003.04.07

関連サイト