Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2003 > 医療関連感染サーベーランスの拡大
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2003/06/12

医療関連感染サーベーランスの拡大

PHLS. CDR Weekly June 12, 2003, Vol. 13, No. 24.
Activaion of next phase of the healthcare-associated infection surveillanceの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/PDFfiles/2003/cdr2403.pdf
http://www.phls.co.uk/publications/cdr/pages/news.html#hcai

イングランドにおいては2001年4月より、急性疾患NHS病院(公的保険病院)における黄色ブドウ球菌血流感染サーベーランスが義務付けられているが、医療主席官はそれをグリコペプチド耐性腸球菌血流感染と重大被害をもたらす病院感染にも拡大することを発表した。2004年にはディフィシル菌感染と整形手術部位感染にも拡大されるようである。なお、医療主席官は、病院薬剤師による抗菌薬使用監視の推進のために3年間で1200万ポンドの予算措置も発表した。

<訳註>
英国における病院感染サーベーランスの行政的な推進については、こちらをご覧下さい。
CDR Weekly: 2003.06.12/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2003.06.16

関連サイト