Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2003 > 同種組織移植後の侵襲性化膿レンサ球菌
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2003/12/05

同種組織移植後の侵襲性化膿レンサ球菌

December 5, 2003, Vol. 52, No. 48
Invasive Streptococcus pyogenes After Allograft Implantation –
Colorado, 2003の要旨
http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/wk/mm5248.pdf
同種移植組織は様々な整形手術に用いられているが、最近は緑膿菌やクロストリジウムなどによる同種移植関連感染の報告があり、組織処理における品質管理法の評価が求められている。本報告は汚染組織片を用いた膝再生術後の化膿レンサ球菌(A群レンサ球菌、GAS)による侵襲性疾患の1例について述べ、同種移植関連感染のリスクを減少させるための勧告を述べる。同種移植関連感染はまれであるが、GASなどの病原微生物による汚染がある移植組織は、ガンマ線照射などの滅菌を行うか、廃棄するべきである。
<訳註>
ガンマ線照射などの滅菌処理は移植組織を変質させてしまうことがあるため、移植組織の微生物汚染をいかに高い精度で検知し排除するかが重要な事項と思われます。
MMWR:2003.12.05/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2003.12.08

関連サイト