Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 世界保健機構(WHO-WERより) > 2003 > フィリピンにおけるSARSの集団発生
WHO Update
世界保健機構(WHO-WERより)
2003/05/30

フィリピンにおけるSARSの集団発生

WER May 30, 2003, Vol.78, No.22
SARS outbreak in the Philippines
http://www.who.int/docstore/wer/pdf/2003/wer7822.pdf
フィリピンはSARS輸入1例からの集団発生を経験した。病院感染管理と接触調査により集団発生は全体で8例に留まった。1例は家族接触であり、その他は病院内で医療従事者または介護中の家族に伝播した。インデックスケースを含む2例が死亡し、その他は回復した。
このインデックスケースは46歳のフィリピン人看護助手で、トロントに勤務していた。彼女は4月2日ルームメートの母を抱擁したが、その女性は4月4日 SARSにより入院した。インデックスケースは4月4日フィリピンに帰国後、4月6日に発症したが、4月12日まで受診しなかった。
インデックスケースは症状のある7日間に254人の家族および友人に近接していた。フィリピン国内の旅行や祈祷会・結婚式への参加も行っていた。これらの近接者には9日間の自宅検疫が行われた。この集団発生における病院外での感染率は1%未満と計算される。
フィリピンにおけるその他の可能性例はすべて輸入例であり、伝播は防止されている。5月7日、この集団発生を基にWHOはフィリピンを伝播地域に指定し、5月20日に解除した。
<訳註>
SARSに関しては、Y’s Letter No.18をご覧下さい。
WER: 2003.05.30 / Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2003.06.02

関連サイト