Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2004 > ベルギーにおけるPanton-Valentine型ロイコシジン陽性市井獲得MRSA感染
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2004/06/10

ベルギーにおけるPanton-Valentine型ロイコシジン陽性市井獲得MRSA感染

June 10, 2004, Vol. 8, No. 24
Eurosurveillance Weekly: Emergence of Panton-Valentine leukocidin positive community-acquired MRSA infections in Belgiumの要旨

http://www.eurosurveillance.org/ew/2004/040610.asp

Panton-Valentine型ロイコシジン(PVL、遺伝子コードlukS-lukF)を産生する高病原性の市井獲得メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(CA-MRSA)の世界的な出現が大きな懸念をもたらしている。CA-MRSA感染は1990年代初頭の西オーストラリアで報告され、米国や欧州でも刑務所、スポーツチーム、学童などにおいて集団発生が報告されている。欧州においてはPVL陽性CA-MRSAがフランス、オランダ、ドイツ、スイス、フィンランド、ノルウェー、スコットランドで報告されている。このPVL産生CA-MRSAは遺伝子的に病院獲得MRSAと異なる。PVL陽性CA-MRSAは重篤な軟組織感染ないし壊死性肺炎(症例致死率75%)を伴うため、公衆衛生上の脅威である。
本報告はベルギーにおける最初の2例について報告する。1例目は入院歴の最近無い49歳の女性で、足の損傷からMRSAが分離され、ドキシサイクリンの経口投与とムピロシン、ポビドンヨードクリームの局所適用により数週間で治癒した。2例目は入院歴の無い46歳の男性で、唇の膿瘍からMRSAが分離され、クリンダマイシンの静脈投与により4週間で治癒した。どちらも家族などへの伝播は無かった。どちらの菌株もmecAlukS-lukFを有していた。
<訳註>

米国のスポーツチームや刑務所などにおけるCA-MRSA感染については、こちらを参照下さい。
CDCなどが行った世界的な調査によると1)、調査された米国(33株)、欧州(67株)、オセアニア(17株)からの計117株のCA-MRSAはすべて、PVL遺伝子座を持っており、かつMRSA分類法のひとつであるSCCmec cassetteタイプでもIVaタイプ2)であることが共通していたとのことです。なお、PVLは黄色ブドウ球菌の一部の菌株(2~3%)が産生する白血球を破壊する既知の毒素です3)
市井に散在するMRSAの多くは、退院患者・通院患者が保菌する医療関連MRSAであると報告されていますが4)、本報告は、高病原性であり、市井獲得であり、βラクタム薬耐性である黄色ブドウ球菌の存在について述べています。なお、CA-MRSAのβラクタム薬以外の抗菌薬に対する感受性は比較的良好であると報告されており、より広範な多剤耐性を頻繁に示す病院獲得MRSAと、この点でも性格を異にします1)5)6)

参考

  1. Vandenesch F, Naimi T, Enright MC, et al:
    Community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus carrying Panton-Valentine leukocidin genes: worldwide emergence.
    Emerg Infect Dis 2003;9:978-984.http://www.cdc.gov/ncidod/EID/vol9no8/03-0089.htm
  2. Baba T, Takeuchi F, Kuroda M, et al:
    Genome and virulence determinants of high virulence community-acquired MRSA.
    Lancet 2002;359:1819-1827.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=
    Retrieve&db=PubMed&list_uids=12044378&dopt=Abstract
  3. Dinges MM, Orwin PM, Schlievert PM:
    Exotoxins of Staphylococcus aureus.
    Clin Microbiol Rev 2000;13:16-34.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=
    Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=10627489
  4. Salgado CD, Farr BM, Calfee DP:
    Community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus: a meta-analysis of prevalence and risk factors.
    Clin Infect Dis 2003;36:131-139.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=
    etrieve&db=PubMed&list_uids=12522744&dopt=Abstract
  5. Okuma K, Iwakawa K, Turnidge JD, et al:
    Dissemination of new methicillin-resistant Staphylococcus aureus clones in the community.
    J Clin Microbiol 2002;40:4289-4294.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=
    Retrieve&db=PubMed&list_uids=12409412&dopt=Abstract
  6. Fey PD, Said-Salim B, Rupp ME, et al:
    Comparative molecular analysis of community- or hospital-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus.
    Antimicrob Agents Chemother 2003;47:196-203.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=
    Retrieve&db=PubMed&list_uids=12499191&dopt=Abstract
Eurosurveillance 2004.06.10/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2004.06.14

関連サイト