Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 病院感染対策のポイント > 別表1 ノンクリティカル器具・物品・環境表面に用いる消毒薬
Point
病院感染対策のポイント

別表1 ノンクリティカル器具・物品・環境表面に用いる消毒薬

[一般的注意事項]

消毒薬は被消毒物の材質・形状・用途などに適したものを選択する。
通常は清拭により汚染の物理的な除去も兼ねて行う。
刺激性や毒性のある高水準消毒薬や滅菌剤は原則として用いない 注1)
食器・リネンなどは原則として熱水洗浄を行う。
消毒薬に浸漬する場合には有機物を除いたあとに原則として30分浸漬する。

[通常選択する消毒]

被消毒物 消毒薬と濃度
乾燥表面
主にMRSAなど一般細菌、酵母菌が対象
熱水(80℃10分)
0.1-0.2%塩化ベンザルコニウム液
0.1-0.2%塩化ベンゼトニウム液
0.1-0.2%塩酸アルキルジアミノエチルグリシン液アルコール
200-1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム液
湿潤表面
主に緑膿菌など親水性グラム陰性菌が対象
熱水(80℃10分)
アルコール
200-1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム液
食器 熱水(80℃10分)
100-1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム液
リネン 熱水(80℃10分)
100-1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム液
0.1-0.2%塩化ベンザルコニウム液
0.1-0.2%塩化ベンゼトニウム液
0.1-0.2%塩酸アルキルジアミノエチルグリシン液

[特定の微生物を対象とする場合]

対象微生物 消毒薬と濃度
インフルエンザウイルスなどエンベロープのあるウイルス注2) 熱水(80℃10分)
アルコール
200-1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム液
HBVなど血中ウイルス
(エンベロープあり)
熱水(98℃6分、多くの場合は80℃での10分洗浄でも可)
1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム液(血液自体の消毒は5,000-10,000ppm)
アルコール
糸状菌 熱水(80℃10分)
500-1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム液
アルコール
結核菌 熱水(80℃10分)
アルコール
0.5-1%クレゾール石ケン液 注3)
0.2-0.5%塩酸アルキルジアミノエチルグリシン液
1,000ppm以上の次亜塩素酸ナトリウム液(低濃度では無効)
ポリオウイルスなど
エンベロープのないウイルス
注2)
熱水(98℃15~20分、多くの場合は80℃での10分洗浄でも可)
500-1,000ppm(特別な場合には5,000ppm)次亜塩素酸ナトリウム液
場合によりアルコール
芽胞 徹底的な洗浄・清拭
特別な場合には5,000ppm次亜塩素酸ナトリウム液

注1)
:次亜塩素酸ナトリウムをノンクリティカル器具・物品・環境の清拭に用いる場合には、原則としてごく小範囲に使用し広範囲には使用しない。

注2)
:ウイルスはエンベロープのあるウイルスとエンベロープのないウイルスに区別することができ、一般にエンベロープのあるウイルスは消毒薬抵抗性が比較的弱いといわれている。

注3)
:クレゾール石ケン液は水質汚濁防止法、下水道法によりフェノール類として5ppmの排水中濃度規制があることに注意して用いる。

これらの表は下記の文献の一部を要約し、さらに改変したものです。
厚生省保健医療局結核感染症課監修,小林寛伊編集:消毒と滅菌のガイドライン,へるす出版,東京,1999.

Prev | Return | Next

関連サイト