Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 病院感染対策のポイント > 用語の定義
Point
病院感染対策のポイント

用語の定義

本書では以下のように用語を定義して用います。
ガイドラインや文献により定義が若干異なる場合もありますので注意が必要です。

◆滅菌(Sterilization)
主に器具・薬剤など非生体物において、すべての微生物を死滅、不活性化または除去すること。通常は微生物の存在確率が100万分の1以下であることを保証して「滅菌」という。
◆消毒(Disinfection)
主に器具など非生体物において、その用途と汚染状況により感染予防上問題となる微生物をほとんどすべて除去、死滅または不活性化すること。
◆清浄化(Decontamination)
主に血液など有機物で汚染された器具、物品、環境において、感染性がほとんど問題とならないレベルまで有機物とともに微生物を除去、死滅または不活性化すること。
◆清拭、洗浄、洗濯、清掃(Cleaning)
主に器具、物品、環境において、汚染を除去するとともに微生物の数も減少させること。
◆衛生的手洗い、または手洗い(Hygienic handwashing)
病院感染の予防のため、主に医療従事者が手指の通過微生物をほとんど除去、死滅または不活性化すること。
◆手術時手洗い(Surgical handwashing)
手術などの前に、医療従事者が手指の通過微生物をほとんど、かつ常在菌をできるかぎり除去、死滅、または不活性化すること。手術時手洗いでは常在菌再増殖の抑制をすることも望ましい。
◆生体消毒薬の患者適用(Antisepsis of patient)
患者の処置部位などに生体消毒薬を適用して、感染を惹起する微生物を減少させる、または増殖を抑制すること。
◆消毒薬(Disinfectant または Antiseptics)
微生物を減少または増殖抑制する効果を持ち、薬事法により消毒の効能・効果を認可された薬剤のこと。消毒薬を用いても使用法によっては前に定義した「消毒」を達成できず補完的な役割しか果たさない場合もある。生体に用いる消毒薬は生体消毒薬(Antiseptics)ともいい、手指に用いるものと患者に適用するものがある。生体消毒薬と区別する意味で、器具などに用いる消毒薬を非生体消毒薬ということもある。
◆医療器具または器具(Medical instrument)
カテーテル、聴診器、手術器械、内視鏡、人工呼吸器、透析機器など、主に医療に用いることを目的に作られた器材、器具、器械、器機、機器などの総称。これらは正式には医療用具または医療機器に含まれるが、本書ではもっぱら聴診器、手術器械、内視鏡などを指す場合が多いため器具と総称する。
◆病院環境表面または環境表面(Hospital environmental surface)
病院内の家具、床などの非生体物の表面。ベッド・ベッドテーブル・床頭台・ドアノブ・水道の栓、洗面台など患者と医療従事者が頻繁に接触する環境表面と床・壁・天井など頻繁には接触しない環境表面は区別して考えるべきである。点滴支柱・松葉杖・車椅子などの用具は「頻繁に接触する環境表面」に含めることが多い。食器・リネン・洗面用具などの用具は「物品」として区別することが多い。

関連サイト