Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2004 > 北アイルランドにおける内視鏡清浄化の調査
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2004/06/24

北アイルランドにおける内視鏡清浄化の調査

CDR Weekly June 24, 2004, Vol. 14, No. 26
Investigation of the decontamination arrangements for endoscopes in Northern Irelandの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/PDFfiles/2004/cdr2604.pdf
http://www.hpa.org.uk/cdr
2004年6月初頭に北アイルランドのある病院が、内視鏡消毒の手法が必要な標準を満たしていなかったことを公表し、400名以上の患者に通知を行った。これを受け北アイルランドの衛生当局は、管轄下の病院に対して内視鏡に関する監査を行った。その結果、16本の内視鏡に問題が判明した。それらの内視鏡は一部チャネルの消毒が不十分となるか、不十分となりうるものであった。これらの経緯から、約1,800名の患者が通知と勧告を受けることとなった。
<訳註>
洗浄・消毒の不十分な内視鏡は緑膿菌、結核菌、血中ウイルスなどの伝播の原因となります。伝播の確率はあまり高くありませんが、伝播の証拠がいくつか示されています。
こちらをご覧下さい。
C型肝炎ウイルス:
http://www.yoshida-pharm.com/carlisle/0204/review01.html
結核菌:
http://www.yoshida-pharm.com/carlisle/0301/review02.html
緑膿菌など:
http://www.yoshida-pharm.com/1999/us0709/
CDR Weekly: 2004.06.24/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2004.06.28

関連サイト