Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2004 > 英国の健康大臣がMRSA削減目標を宣言
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2004/11/11

英国の健康大臣がMRSA削減目標を宣言

CDR Weekly November 11, 2004, Vol. 14, No. 46
Health secretary announces MRSA target, and the Chief Nursing Officer announces infection control training for NHS staffの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/PDFfiles/2004/cdr4604.pdf
http://www.hpa.org.uk/cdr
2004年11月5日、健康大臣はMRSA血流感染を2008年までに50%削減するという新しい目標を宣言した。大臣は医療関連感染率の減少は最優先事項のひとつであり、MRSA制圧のためのキャンペーンに政府が責任を持って取り組むことを明らかにした。すべてのNHS(公的保険医療機関)はMRSA防止のための包括的な行動計画を策定し、毎年削減を達成しなければならない。
これに伴い、看護協会長はNHSの百万人を超えるスタッフに感染管理訓練を行うことを宣言した。
<訳註>
英国のNHSにおいてはMRSA菌血症サーベーランスが義務化されています。こちらをご覧ください。
なお、イングランドでの2001年4月~2004年3月のMRSA菌血症感染率は0.17~0.18 per 1,000 bed daysとのことです。出典はこちらです。
CDR Weekly: 2004.11.11/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2004.11.16

関連サイト