Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2004 > 臓器移植による狂犬病感染の調査
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2004/07/01

臓器移植による狂犬病感染の調査

July 1, 2004, Vol. 53(dispatch)
Investigation of Rabies Infections in Organ Donor and Transplant Recipients
– Alabama, Arkansas, Oklahoma, and Texas, 2004 の要旨
http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm53d701a1.htm
2004年6月30日、CDCは1名の臓器提供者とその3名の臓器被提供者において狂犬病感染を確認した。臓器提供者は、致死的な大脳ヘルニアの診断を受け、家族より臓器提供の合意がなされ、スクリーニング試験により臓器提供可能と判定された後、肝臓、腎臓と肺を提供した。肺移植を受けた患者は術中合併症により死亡した。肝臓ないし腎臓の移植を受けた3名の患者は、移植に成功し退院した後、脳炎や脳浮腫を発症し全員死亡した。臓器提供者と脳炎などにより死亡した3名の組織や血液から狂犬病抗体が確認された。したがって、提供者が感染源であることが示唆された。角膜移植による狂犬病の伝播はいくつか報告されているが、実質臓器移植による伝播の報告は初めてである。
<訳註>
狂犬病およびリッサウイルス感染症については、Y’s Letter No.24を参照ください。
MMWR:2004.07.01/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2004.07.06

関連サイト