Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2004 > ウエストナイルウイルスの透析関連伝播の可能性
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2004/08/20

ウエストナイルウイルスの透析関連伝播の可能性

MMWR August 20, 2004, Vol. 53, No. 32
Possible Dialysis-Related West Nile Virus Transmission – Georgia, 2003の要旨
http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/wk/mm5332.pdf
2003年10月、米国ジョージア衛生当局は、同じ日に同じ透析機器で透析を受けた同じ郡に住む2名の患者がウエストナイルウイルス病であることが確認されたとの報告を受けた。2003年に同郡においてウエストナイルウイルス病と確認されたのは、この2例のみである。透析記録の調査の結果、上記2例の間に同日に同じ透析機器で透析を受けた患者がもう1例あることが判明した。本報告は疫学的調査の結果を要約し、この透析センターでウエストナイルウイルスが伝播した可能性があることを報告する。血液透析センターにおいては、感染管理手順が厳密に遵守されなければならない。
<訳註>
ウエストナイルウイルスについては、Y’s Letter No.11を参照ください。
MMWR:2004.08.20/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2004.08.30

関連サイト