Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 世界保健機構(WHO-WERより) > 2004 > 中国におけるSARS集団発生の確認
WHO Update
世界保健機構(WHO-WERより)
2004/05/07

中国におけるSARS集団発生の確認

WER May 7, 2004, Vol.79, No.19
Confirmation of all previously reported SARS cases, China
http://www.who.int/wer/2004/en/wer7919.pdf
2004年5月5日、中国衛生当局はSARS集団発生として最近調査されていた9例全例について、SARSコロナウイルスによるものと確認した。感染源の調査は北京にある国立ウイルス研究所に焦点を当てて行われている。この研究所の2名の研究者が3月後半と4月半ばにSARSを発症したが、どちらも生きたウイルスを使用した研究を行っていなかった。WHOと中国による共同チームが立ち入り調査を行ったが、特定の感染源や操作上の問題点はまだ判明していない。WHOはSARSウイルスの取り扱いをバイオセーフティーレベル3の施設で行うよう強く勧告している。国立ウイルス研究所は4月23日より閉鎖されており、職員には検疫的措置がとられている。
<訳註>

このSARS集団発生は以下の9例からなり、家庭または病院における2次感染が発生しています1)
第1世代
(1) 国立ウイルス研究所 研究生 26歳女性
(2) 国立ウイルス研究所 研究員 31歳男性
第2世代
(3) (1)の母 53歳女性(死亡)
(4) (1)をケアした看護師 20歳女性
第3世代
(5) (4)の父 45歳男性
(6) (4)の母 44歳女性
(7) (4)の叔母 36歳女性
(8) (4)と病室を共にした患者 49歳女性
(9) (8)の入院に付き添った義理の娘 23歳女性

1) WHO: China confirms SARS infection in another previously reported case; summary of cases to date – Update 5. WHO internet publication on April 30, 2004 at
http://www.who.int/csr/don/2004_04_30/en/

WER: 2004.05.07 / Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2004.05.10

関連サイト