Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 世界保健機構(WHO-WERより) > 2004 > トリインフルエンザの最近の評価
WHO Update
世界保健機構(WHO-WERより)
2004/07/16

トリインフルエンザの最近の評価

Avian influenza – Current evaluation of risks to humans from
H5N1 following recent reports
http://www.who.int/wer/2004/en/wer7929.pdf
過去3週間にアジアのいくつかの国(中国、タイ、ベトナム)において家禽にトリインフルエンザが再興している。これらの集団発生は新しいものかもしれないし、今年発生したものの継続かもしれない。最近発表されたウイルスが病原性を増しているというマウス実験による報告と地域の家禽と野鳥にウイルスが拡散しているという報告を合わせて考えると、ウイルスがヒトに与える脅威についての懸念が増大する。
<訳註>

トリインフルエンザについてはY’s Letter No.27をご覧下さい。

上述のふたつの報告の書誌は下記のとおりです。
Chen H, Deng G, Li Z, et al: The evolution of H5N1 influenza viruses in ducks in southern China. Proc Natl Acad Sci USA 2004;101:10452-10457. Epub 2004 Jul 02.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=15235128

Li KS, Guan Y, Wang J, Smith GJ, et al: Genesis of a highly pathogenic and potentially pandemic H5N1 influenza virus in eastern Asia. Nature 2004;430:209-13.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=15241415

WER: 2004.07.16 / Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2004.07.20

関連サイト