What's New

HOME


●2011年

●2010年

●2009年

●2008年

●2007年

●2006年

●2005年

●2004年

●2003年

●2002年

●2001年

●2000年

●1999年

●1998年
●2005.12.26
US UPDATE MMWRの12月23日号が、ニューヨークの病院における新生児室と産科での結核伝播について報告しました。

UK UPDATE CDR Weeklyの12月22日号が、英国の公的保険病院におけるClostridium difficileの調査について報告しました。


●2005.12.12
WHO UPDATE WERの12月9日号が、中国のトリインフルエンザ最新情報と、インフルエンザ大流行に関する10の事項について報告しました。


●2005.12.05
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「消毒薬の脱脂綿などへの吸着について」を掲載いたしました。

UK UPDATE CDR Weeklyの12月1日号が、医療従事者のための感染制御Eラーニングについて報告しました。


●2005.11.21
EURO UPDATE Euroserveillance Weeklyの11月17日号が、英国における整形外科手術部位感染サーベーランスについて報告しました。


●2005.11.08
カーライルVol. 10 No.3」の一部を転載いたしました。


●2005.11.07
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「呼吸器衛生/咳エチケット」を掲載いたしました。


●2005.10.27
EURO UPDATE トリインフルエンザに関する英国の新聞記事の紹介を、「トリインフルエンザ A/H5N1に関するECDC見解」の訳注に追加しました。


●2005.10.25
US UPDATE MMWRの10月21日号が、酸素供給器に関連するRalstoniaについて報告しました。

EURO UPDATE Euroserveillance Weeklyの10月20日号が、トリインフルエンザA/H5N1に関するECDCの見解について、また、MRSA源としての国際養子について報告しました。


●2005.10.17
US UPDATE MMWRの10月17日号が、ペンシルバニアのICUにおける中心静脈カテーテル関連血流感染の減少について報告しました。

UK UPDATE CDR Weeklyの10月13日号が、病院感染の学術報告に関する提案書について報告しました。

Overseas Guideline(CDC)のうち、「HIVへの職業的暴露対策のためのガイドラインと暴露後における予防的療法の勧告」をCDCのガイドラインの追加に伴い改訂いたしました。


●2005.10.11
WHO UPDATE WERの10月7日号が、インドネシアのトリインフルエンザ最新情報について報告しました。

US UPDATE MMWRの10月5日臨時号が、臓器移植患者におけるウエストナイルウイルス感染について報告しました。


●2005.10.03
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「間歇的導尿における感染対策」を掲載いたしました。


●2005.09.26
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「グルコン酸クロルヘキシジンとポビドンヨードの副作用について」を掲載いたしました。

WHO UPDATE WERの9月23日号が、インドネシアにおけるトリインフルエンザについて報告しました。


●2005.08.29
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「新しい手術時手洗い方法について」を掲載いたしました。


●2005.08.24
WHO UPDATE WERの8月19日号が、トリインフルエンザH5N1型予防のためのヒトワクチン開発について報告しました。


●2005.08.17
US UPDATE MMWRの6月3日号の臓器移植患者におけるリンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス感染についての記事に新しい情報を追加しました。


●2005.08.10
カーライルVol. 10 No.2」の一部を転載いたしました。


●2005.08.01
US UPDATE MMWRの6月3日号の臓器移植患者におけるリンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス感染についての報告に内容を追加しました。


●2005.07.19
UK UPDATE CDR Weeklyの7月14日号が、英国の病院におけるMRSA制御と予防のた めのガイドライン改訂草案について報告しました。

Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「高水準消毒薬の安全な適正使用について」を掲載いたしました。


●2005.07.04
EURO UPDATE Euroserveillance Weeklyの6月30日号が、英国における高毒素産生株に関連するクロストリジウム・ディフィシレ病院感染について報告しました。


●2005.06.20
Y's Square Renewal
Y's Squareのトップページデザインをリニューアルし、新しく"Y's Review"コーナーを追加いたしました。

トップページはすべてのメニューをスクロールの必要なく確認ができるように配置いたしました。

Y's Reviewは、2002年4月から2005年5月までに発行されたY's Letter No. 1〜No. 40を病院感染起因微生物の種類によって分類・整理したものです(これらの内容は近日中に 製本出版される予定です)。

どうぞこれからもY's Squareをご愛顧下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。


●2005.06.14
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「市井獲得メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」を掲載いたしました。


●2005.06.06
US UPDATE MMWRの6月3日号が、臓器移植患者におけるリンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス感染について報告しました。

2005年6月8日(水) 02:00〜06:00の間、WebサーバーメンテナンスのためY's Squareへのアクセスが断続的に途切れることがございます。ご不便をおかけいたしますがご容赦下さいますようお願い申し上げます。


●2005.05.26
EURO UPDATE Euroserveillance Weeklyの5月26日号が、WHOの新しい国際保健規則について報告しました。


●2005.05.23
EURO UPDATE Euroserveillance Weeklyの5月19日号が、インフルエンザA(H5N1)の疫学的変化について報告しました。


●2005.05.20
カーライルVol. 9 No.4」、 ならびに「カーライルVol. 10 No.1」の一部を転載いたしました。


●2005.05.17
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「微生物別インデックス(2002年4月〜2005年5月)」を掲載いたしました。


●2005.05.02
Y's Seminarはお申込を多数いただき、受け付けを終了させていただきました。お申し込みありがとうございました。


●2005.04.28
EURO UPDATE Euroserveillance Weeklyの4月21日号が、アイルランドにおける初めての市井獲得Panton-Valentine型ロイコシジン陽性MRSAについて報告しました。


●2005.04.18
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「原虫と蠕虫」を掲載いたしました。

News!
Y's Seminar第2回 「病院感染と消毒セミナー」開催

Y's Seminar 第2回 「病院感染と消毒のセミナー」を2005年7月2日(土)、 日本都市センターホテル3F コスモスホールにおいて開催いたします。
プログラムの詳細についてはこちらのpdfファイルを ご覧ください。
5月2日追記:Y's Seminarはお申込を多数いただき、受け付けを終了させていただきました。ありがとうございました。


●2005.04.06
消毒薬テキスト 新版内、 グルタラール、フタラール、過酢酸について安全性に関する 注意事項を追加いたしました。


●2005.04.04
US UPDATE MMWRの4月1日号が、米国の研究室における 炭疽菌への意図せざる曝露について報告しました。

UK UPDATE CDR Weeklyの4月1日号が、北アイルランドに おける内視鏡清浄化の監査について報告しました。


●2005.03.22
WHO UPDATE WERの3月18日号が、ベトナムにおける トリインフルエンザの最新情報について報告しました。


●2005.03.16
US UPDATE MMWRの3月11日号が、米国の長期療養施設での 血糖モニターにおけるB型肝炎ウイルスの伝播について 報告しました。

EURO UPDATE Euroserveillance Weeklyの3月10日号が、2002年までに世界で発生したHIV職業感染の集計について報告しました。


●2005.03.06
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「リケッチア、コクシエラとマイコプラズマ」を掲載いたしました。


●2005.02.21
EURO UPDATE Euroserveillance Weekly の2月17日号が、南東ウェールズの地域病院におけるインフルエンザA型の集団発生について報告しました。


●2005.02.17
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「スピロヘータとクラミジア」を掲載いたしました。


●2005.02.09
2月8日に掲載したY'S INFORMATION Guideline in Japan 国内ガイドラインの「医療施設における院内感染の防止について」と「医療法施行規則の一部を改正する省令の施行について」の紹介記事へ、1通知をリンクいたしました。


●2005.02.08
WHO UPDATE WERの2月4日号が、ベトナムにおける トリインフルエンザの最新情報について報告しました。

Y'S INFORMATION Guideline in Japan 国内ガイドラインに、2月1日に厚生労働省より通知された 「医療施設における院内感染の防止について」と「医療法施行 規則の一部を改正する省令の施行について」の紹介記事を掲載 いたしました。


●2005.01.31
US UPDATE MMWRの1月28日号が、米国の病院における 百日咳の集団発生について報告しました。

UK UPDATE CDR Weeklyの1月27日号が、英国の医療 従事者における血中ウイルス曝露のサーベー ランスについて報告しました。


●2005.01.18
WHO UPDATE WERの1月14日号が、ベトナムにおける トリインフルエンザの最新情報について報告しました。


●2005.01.11
Y'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「ヒトに常在する腸内細菌科細菌」を掲載いたしました。

また、同じくY'S INFORMATION Dispatch 最近の話題に、「結核の医療現場における伝播予防のためのガイドライン草案 (2005)」を掲載いたしました。


●2005.01.04
あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

*なお、昨年までの更新履歴は「顕微鏡画像」下のリンクボタンで ご覧になることができます。