Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2005 > 地域病院におけるインフルエンザA型の集団発生
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2005/02/17

地域病院におけるインフルエンザA型の集団発生

February 17, 2005, Vol. 10, Issue 7
Influenza A outbreak in a community hospital in south east Wales, February 2005 の要旨

http://www.eurosurveillance.org/ew/2005/050217.asp

2005年2月1日、南東ウェールズのある病院において、整形外科回復期病棟の13名の患者と5名の医療従事者に発熱と呼吸器症状が発生していることが、その病院の感染管理チームに報告された。患者の年齢は74~96歳であった。感染管理チームは手洗いとマスク使用の徹底などの措置を行った。最初の感染症例は医療従事者で、1月29日から3日間、症状がありながら、25名の医療従事者と21名の患者に近接し、そのうち7名の医療従事者と16名の患者が2月4日までに発病した。14名の患者からスワブ検体を採取したところ11検体においてインフルエンザA型感染が診断された。感染した24名の全員がインフルエンザワクチン接種の推奨対象であった。しかし、近接した患者21名の内5名のみ、同じく医療従事者25名の内4名のみがワクチン接種を受けているに過ぎなかった。
<訳註>
インフルエンザの病院感染予防については、Y’s Letter No.9を参照ください。
Eurosurveillance 2005.02.17/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2005.02.21

関連サイト