Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2005 > MRSA源としての国際養子
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2005/10/20

MRSA源としての国際養子

October 20, 2005, Vol. 10, Issue 10
Eurosurveillance Weekly:Internationally adopted children as a source for MRSAの要旨

http://www.eurosurveillance.org/ew/2005/051020.asp

中国南中央部からノルウェーへの国際養子3名からMRSAが検出された。これらの子供は中国において別々の施設で養育されており、それぞれ異なる時期にノルウェーへ移住しており、お互いに近接したことがない。遺伝子解析によると、これらのMRSAは同型であり(MLST: ST30, spa-typing: t313, SSCmec type: IV)、内2分離株はPanton-Valentineロイコシジン遺伝子を有している。ノルウェーにおいては初めての分離型であると思われる。国際養子によるMRSA低拡散国へのMRSA伝播の詳細報告はこれまでになかった。養子を受け入れる親が医療従事者などである場合には、MRSA高拡散国からの養子について、入国時のスクリーニングを考慮するべきである。
<訳註>
市井獲得MRSAについては、こちらを参照ください。
Eurosurveillance 2005.10.20/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2005.10.25

関連サイト