Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 感染対策情報レター(Y’s Letter) > 2005 > 市井獲得メチシリン耐性黄色ブドウ球菌
Y's Letter
感染対策情報レター
2005/06/14

市井獲得メチシリン耐性黄色ブドウ球菌


Download
(105kb)

Y’s Letter Vol.2 No.1
Published online 2005.06.14

はじめに

病院感染においてメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(methicillin-resistant Staphylococcus aureus: MRSA)は最も重大な微生物のひとつであり、病院内に蔓延しています。近年、これらの病院獲得MRSA(hospital-acquired MRSA: HA-MRSA)とは異なる特徴を有するMRSAが市井において出現し、世界的な問題となっています。以下、この市井獲得MRSA(community-acquired MRSA: CA-MRSA)について述べます。

CA-MRSAの特徴

医療機関において伝播したHA-MRSAを患者が退院後も、または通院中においてしばしば保菌していること、あるいは医療従事者や患者の家族がしばしばHA-MRSAを保菌していることは以前から指摘されており、HA-MRSAは市井にも散在しています。市井で検出されるMRSAの大部分はHA-MRSAであるとも報告されています1)。しかしながら近年、入院や通院などHA-MRSA感染のリスクがない健常人における、HA-MRSAとは遺伝子的背景の異なるタイプのMRSAによる感染症の報告が相次いでいます2)。これらのMRSAは市井に存在した黄色ブドウ球菌がHA-MRSAとは異なる経緯でmecA耐性遺伝子を獲得し出現したものと思われ、HA-MRSAとは区別されCA-MRSAと呼ばれています3)

CA-MRSA感染症は1981年にCDCが報告して以来4)、米国、オーストラリア、中国、フランスなど世界中で多くの報告があります5)。日本でもCA-MRSAの一種と思われるMRSA検出の報告がありますが5)6)、米国などで報告されているようなCA-MRSAの増加はまだ見られていません。

世界的に見ると、CA-MRSAはHA-MRSAと比較していくつかの異なる特徴を有しています(表)。CA-MRSAの多くはMRSAの遺伝子的分類法のひとつであるstaphylococcal cassette chromosome mec(SCCmec)がIV型であり、黄色ブドウ球菌の一部の菌株(2~3%)が産生する毒素7)であるPanton-Valentine型ロイコシジン(PVL)の遺伝子座を高頻度に有しています8)9)。なおSCCmecが新しくV型に分類されたCA-MRSAの報告もあります10)。CA-MRSAの抗菌薬感受性はHA-MRSAと異なりオキサシリン以外のほとんどの抗菌薬に対して感受性を示します。ただし菌株によってはエリスロマイシンに耐性を示すことがあります9)11)

表:HA-MRSAとCA-MRSAの比較1)9)10)12)
  HA-MRSA CA-MRSA
薬剤感受性 多剤耐性 キサシリン以外のほとんどの
抗菌薬に感受性
(エリスロマイシンに一部耐性)
SCCmecの遺伝子型 I, II, III IV, V
感染部位 種々の部位 主に皮膚、軟部組織
毒素 種々の毒素
(低頻度)
PVL、SEB、SEC、SHEなど
(高頻度)
感染(保菌)者の
年齢
主に高齢者 主に若年者

感染部位は皮膚・軟部組織が多く、病原性はHA-MRSAより強い傾向があります。近年のCA-MRSAの症例ではトキシックショックや重篤な軟部組織感染例が目立っており、また致死率も高い傾向があります。黄色ブドウ球菌はPVLやstaphylococcal enterotoxin A-Q型 (SEA-SEQ)など様々な毒素を産生することが知られていますが7)、CA-MRSAの病原性が高い理由はPVLなどHA-MRSAでは数%程度しか産生しないとされている毒素をCA-MRSAでは高頻度に産生するためであると考えられています9)11)12)。HA-MRSA感染は手術、人工透析、カテーテル留置、長期療養施設の入所などがリスク因子として挙げられ、感染者の多くは高齢者です9)。それに対してCA-MRSAの感染症例ではHA-MRSA感染のリスクがない健常若年者においての報告が多いことも特徴の一つです5)9)

CA-MRSAによる病院感染

CA-MRSAによる病院感染も報告されています13)。これは出産のため入院した産婦8例が出産後に皮膚または軟部組織にMRSA感染を起こしたもので、入院後4~73日(平均23日)で発生したことから病院内伝播であると推定され、分離されたMRSAはすべてSCCmec IV型、PVL、SECおよびSHEの遺伝子を有していたため、CA-MRSAによる病院感染であると推定されました。感染経路は判明していませんが、病院スタッフが原因菌を病院内に持ち込んだ可能性、もしくは患者自身または家族に保菌者がいた可能性が指摘されています。

おわりに

日本でも、皮膚・軟部組織などのMRSA感染について、CA-MRSAによる感染を疑うことが必要な場合があると思われます。CA-MRSAである場合には、毒素産生に関する注意が特に必要となり、また抗菌薬感受性パターンもHA-MRSAと異なります。なお、CA-MRSAの感染対策は、標準予防策を基本とし必要に応じて接触予防策を追加するというHA-MRSAと同様の考え方でよいと思われますが14)、感染皮膚などからの排菌が拡散しないよう注意する必要があります。CA-MRSAの消毒薬感受性に関する報告はまだ特にありませんが、HA-MRSAに対するのと同じく一般細菌を対象とする消毒法を行えばよいと思われます15)

<参考>

  1. Salgado CD, Farr BM, Calfee DP.:
    Community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus: a meta-analysis of prevalence and risk factors.
    Clin Infect Dis 2003;36:131-139.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=12522744&query_hl=9
  2. Baba T, Takeuchi F, Kuroda M,et al:
    Genome and virulence determinants of high virulence community-acquired MRSA.
    Lancet 2002;359:1819-1827.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=12044378&dopt=Abstract
  3. Okuma K, Iwakawa K, Turnidge JD,et al:
    Dissemination of new methicillin-resistant Staphylococcus aureus clones in the community.
    J Clin Microbiol 2002;40:4289-4294.

    http://jcm.asm.org/cgi/reprint/40/11/4289

  4. CDC:
    Community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus infections–Michigan.
    MMWR 1981;30:185-187.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?
    cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=6789075&query_hl=3
  5. Eady EA, Cove JH.:
    Staphylococcal resistance revisited: community-acquired methicillin resistant Staphylococcus aureus–an emerging problem for the management of skin and soft tissue infections.
    Curr Opin Infect Dis 2003;16:103-124.

    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=12734443&query_hl=59

  6. Yamaguchi T, Yokota Y, Terajima J, et al:
    Clonal association of Staphylococcus aureus causing bullous impetigo and the emergence of new methicillin-resistant clonal groups in Kansai district in Japan.
    J Infect Dis 2002 15;185:1511-1516.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?
    cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=11992289&query_hl=57
  7. Dinges MM, Orwin PM, Schlievert PM:
    Exotoxins of Staphylococcus aureus.
    Clin Microbiol Rev 2000;13:16-34.
    http://www.pubmedcentral.nih.gov/picrender.fcgi?artid=88931&blobtype=pdf
  8. Vandenesch F, Naimi T, Enright MC, et al:
    Community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus carrying Panton-Valentine leukocidin genes: worldwide emergence.
    Emerg Infect Dis 2003;9:978-984.
    http://www.cdc.gov/ncidod/EID/vol9no8/pdfs/03-0089.pdf
  9. Naimi TS, LeDell KH, Como-Sabetti K, et al:
    Comparison of community- and health care-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus infection.
    JAMA 2003;290:2976-2984.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=14665659&query_hl=4
  10. Ito T, Ma XX, Takeuchi F, et al:
    Novel type V staphylococcal cassette chromosome mec driven by a novel cassette chromosome recombinase, ccrC.
    Antimicrob Agents Chemother 2004;48:2637-2651.
    http://aac.asm.org/cgi/reprint/48/7/2637
  11. Said-Salim B, Mathema B, Kreiswirth BN.:
    Community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus: an emerging pathogen.
    Infect Control Hosp Epidemiol 2003;24:451-455.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=12828324&query_hl=42
  12. Palavecino E.:
    Community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus infections.
    Clin Lab Med 2004;24:403-418.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=15177847&query_hl=1
  13. Saiman L, O’Keefe M, Graham PL 3rd,:
    Hospital transmission of community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus among postpartum women.
    Clin Infect Dis 2003;37:1313-1319.
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=14583864&query_hl=62
  14. 小林寛伊,大久保憲,吉田俊介.
    病院感染対策のポイント.協和企画,東京,2002.
    http://www.yoshida-pharm.com/point/index.html
  15. 小林寛伊指導,大久保憲監修.消毒薬テキスト 新版.協和企画,東京,2005.
    http://www.yoshida-pharm.com/text/index.html
2005.06.14 Yoshida Pharmaceutical Co.,Ltd.

関連サイト