Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策ガイドライン > 日本の感染対策ガイドライン > ガイドライン > 医療施設における院内感染の防止について
医療法施行規則の一部を改正する省令の施行について
Guideline
in Japan
日本の感染対策ガイドライン
2005/02/09

医療施設における院内感染の防止について
医療法施行規則の一部を改正する省令の施行について

「医療施設における院内感染の防止について」
(平成17年2月1日付厚生労働省医政局指導課長通知)

「医療法施行規則の一部を改正する省令の施行について」
(平成17年2月1日付厚生労働省医政局通知)

<概要>

平成15年度厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業) による「国、自治体を含めた院内感染対策全体の制度設計に関する緊急特別研究」(主任研究者:小林寛伊・NTT東日本関東病院名誉院長)の分担研究報告書「医療施設における院内感染(病院感染)の防止について」(分担研究者:大久保憲・NTT西日本東海病院外科部長)を参考とした院内感染防止に関する留意事項として「医療施設における院内感染の防止について」(平成17年2月1日付医政指発第0201004号厚生労働省医政局指導課長通知)」が通知されました。

この通知の内容は、院内感染対策委員会の設置と組織化及びマニュアルの整備、標準予防策と感染経路別予防策の実施、速乾性手指消毒薬または外用消毒薬を用いた手指消毒等を挙げています。その一方で、漫然とした消毒薬の噴霧・散布・薫蒸、紫外線照射を否定し、粘着マット及び薬液浸漬マットの使用についても原則として否定しています。なお、この通知により「医療施設における院内感染の防止について」(平成3年6月26日付け指第46号厚生省健康政策局指導課長通知)は廃止されました。

また、上記の分担研究報告において、手術時の手洗いに用いる水について水道水と滅菌水とで手洗いの効果に有意差がないという見解が示されたことから、医療法施行規則第20条第3号の手洗い設備の規定を改正する省令が平成17年2月1日に公布・施行され、「滅菌手洗い」が「清潔な手洗い」に改められました。この改正省令の施行に伴い「医療法施行規則の一部を改正する省令の施行について」(平成17年2月1日付医政発第0201004号厚生労働省医政局通知)が通知され、手洗い設備の必要事項が示されました。

これらにより、我が国の行政通知のレベルにおいても、最新の国際的な標準と整合性のある科学的な病院感染対策の体系が整備されました。詳細な内容は両通知をご覧下さい。

2005.02.09 updated
「医療施設における院内感染の防止について」厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0202-1.html

2005.02.09 Yoshida Pharmaceutical Co.,Ltd.

関連サイト