Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2005 > 英国の病院におけるMRSA制御と予防のためのガイドライン改訂草案
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2005/07/14

英国の病院におけるMRSA制御と予防のためのガイドライン改訂草案

CDR Weekly July 14, 2005, Vol. 15, No. 28
Guidelines for the control and prevention of meticillin-resistant Staphylococcus aureus(MRSA) in Hospitalsの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/archives/2005/cdr2805.pdf
http://www.hpa.org.uk/cdr
病院におけるMRSA制御と予防のためのガイドラインの改訂に関する協議が進行している。英国抗微生物化学療法学会、病院感染学会、ICN協会による共同草案が発表され、8月1日までの意見公募が行われている。正式なガイドラインはJournal of Hospital Infection において出版される予定である。
<訳註>

本草案は下記のアドレスにて閲覧できます。
http://www.bsac.org.uk/latest_news.cfm?cit_id=421&FAArea1=customWidgets.content_view_1&usecache=false

下記の論点について体系的な文献レビュー(1996~2004年)を行い、草案が作成されたとのことです。

  1. 患者スクリーニングの効果とコスト
  2. MRSAサーベーランスの効果とコスト
  3. 隔離や集団隔離の効果とコスト
  4. 環境清掃に消毒薬入り洗剤を使うことの効果とコスト

CDR Weekly: 2005.07.14/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2005.07.19

関連サイト