Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2005 > 公的保険病院におけるClostridium difficileの調査
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2005/12/22

公的保険病院におけるClostridium difficileの調査

CDR Weekly December 22, 2005, Vol. 15, No. 51
The Health Protection Agency and the Healthcare Commission published interim findings of national survey of the management, prevention, and surveillance of Clostridium difficile in NHS acute trustsの要旨
http://www.hpa.org.uk/cdr/archives/2005/cdr5105.pdf
http://www.hpa.org.uk/cdr

健康保護局(HPA)と関連委員会は急性疾患公的保険病院(NHS acute trusts)におけるClostridium difficileの管理、予防、サーベーランスに関する全国調査の中間報告を発表した。173医療機関の内68%が調査に回答し、以下のことなどが判明した。

回答機関の38%がClostridium difficile感染の発生を最小限とするための抗菌薬制限を行っていない。

回答機関の3分の1以上がClostridium difficile感染症例を日常的に隔離することができないでいる。

回答機関の4分の1が、過去12ヶ月以内にClostridium difficile感染による病棟一時閉鎖を経験している。

<訳註>
Clostridium difficileについてはこちらを参照ください
CDR Weekly: 2005.12.22/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2005.12.26

関連サイト