Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2005 > 病院における百日咳の集団発生
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2005/01/28

病院における百日咳の集団発生

MMWR January 28, 2005, Vol. 54, No.3
Outbreaks of Pertussis Associated with Hospitals – Kentucky, Pennsylvania, and Oregon,2003 の要旨
http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/wk/mm5403.pdf
百日咳の集団発生は、運動施設、サマーキャンプ、学校、医療機関など様々な現場において報告されている。特に医療従事者における集団発生は易損性の患者に対する伝播の危険を伴うため、特に問題となる。本報告は2003年にケンタッキー、ペンシルバニア、オレゴンの病院で医療従事者と患者に発生した百日咳の集団発生について報告する。病因の不明な急性呼吸器疾患や咳を伴う患者の診察・ケアにおいては、病院感染を減少させるための対策を遵守することが重要である。
<訳註>
百日咳については、Y’s Letter No. 33を参照ください。
MMWR:2005.01.28/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2005.01.31

関連サイト