Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 世界保健機構(WHO-WERより) > 2005 > インドネシアにおけるトリインフルエンザ
WHO Update
世界保健機構(WHO-WERより)
2005/09/23

インドネシアにおけるトリインフルエンザ

WER September 23, 2005, Vol.80, No.38
Avian influenza, Indonesia
http://www.who.int/wer/2005/wer8038.pdf
2005年9月16日、インドネシアの健康省はトリンフルエンザH5N1のヒト感染による死亡例を1例確認した。これはジャカルタに居住する37歳の女性で、8月31日に発症し、9月10日に死亡した。この女性は鶏とアヒルに曝露される機会の多い地域に住んでいたが、家禽の死亡は特に報告されていなかった。現在近接者の調査と家禽の調査が行われている。これはインドネシアにおける2例目の確認例である。2005年7月に38歳の男性における感染が確認されている。
なお、ベトナムにおいては遡及的に確認例が1例追加され、これで2004年12月中旬以来の確認例は64例、内21例が死亡となった。
<訳註>
トリインフルエンザに対する病院感染対策ついてはY’s Letter No.27をご参照下さい。
WER: 2005.09.23 / Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2005.09.26

関連サイト