Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2006 > ナイジェリアでの高病原性トリインフルエンザ発生とイラク、インドネシア、中国でのヒト感染
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2006/02/09

ナイジェリアでの高病原性トリインフルエンザ発生とイラク、インドネシア、中国でのヒト感染

Avian influenza H5N1 detected in poultry in Nigeria, further human cases reported in Iraq, Indonesia and Chinaの要旨

http://www.eurosurveillance.org/ew/2006/060209.asp

ナイジェリア北部において家禽から高病原性H5N1トリインフルエンザが検出された。現在のところ感染発生が確認されているのはひとつの養鶏場のみであるが、隣接州でも家禽の死亡が報告されている。イラクでは1月30日、H5N1ヒト感染死亡例が1例確認され、感染の疑いのある症例について調査や隔離が行われている。イラクの家禽におけるH5N1集団感染は2月2日に確認された。インドネシアでもH5N1ヒト感染の散発が継続しており、これまでに23例(内16例が死亡)が確認されている。中国も同様で、これまでに11例(内7例が死亡)が確認されている。

<訳註>
各国でのトリインフルエンザヒト感染の確認数(2006年2月6日現在)はこちらを参照ください。
トリインフルエンザの病院感染対策についてはこちらを参照ください。

Eurosurveillance 2006.02.09/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2006.02.14

関連サイト