Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2006 > インドネシアにおけるトリインフルエンザのヒト集団感染
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2006/05/25

インドネシアにおけるトリインフルエンザのヒト集団感染

Avian influenza H5N1 outbreaks in Romanian and Danish poultry, and large H5N1 cluster in an Indonesian family の要旨
Eurosurveillance Weekly May 25, 2006, Vol. 11, Issue 5

http://www.eurosurveillance.org/ew/2006/060525.asp

インドネシア北スマトラのある大家族において、7名がインフルエンザウイルスH5N1に感染し、内6名が死亡した。これらの感染は1名の重症患者への密接で長時間の曝露による感染である可能性がある。
ヒトからヒトへの感染の可能性は否定できないが、他の感染源があったか調査が進められている。これまでのところ、残りの家族、近接者、近隣地域にインフルエンザ様疾病は認められておらず、ヒトからヒトへの効率的な伝播や近隣地域への拡散の証拠はない。今回分離されたウイルス2株の全遺伝子解析の結果、ヒトまたはブタインフルエンザウイルスとの遺伝子交雑や重大な変異の証拠はなく、oseltamivirなどノイラミ二ダーゼ阻害剤への耐性化に関連する変異もみせていない。
<訳註>
トリインフルエンザの病院感染対策についてはこちらを参照ください。

Eurosurveillance 2006.05.25/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2006.05.29

関連サイト