Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2006 > フランスにおけるClostridium difficile toxinotype III、PCR-ribotype 027関連疾病の出現
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2006/09/14

フランスにおけるClostridium difficile toxinotype III、PCR-ribotype 027関連疾病の出現

Emergence of Clostridium difficile toxinotype III, PCR-ribotype 027-associated disease, France, 2006 の要旨
Eurosurveillance Weekly September 14, 2006, Vol. 11, Issue 9.

http://www.eurosurveillance.org/ew/2006/060914.asp

2006年3月、フランスの獣医学衛生研究所はClostridium difficile関連疾病の集団発生を警報した。最初の集団発生は2006年1月から5月にかけての41症例(平均年齢82歳)によるものであり、精査された23分離株のうち17株がtoxinotype III、PCR-ribotype 027であることが判明した。これを合わせて9月までに、16の医療機関とふたつの介護施設から集団発生が報告され、合計266例が報告されている。いずれの場合も、標準予防策、接触予防策、次亜塩素酸溶液による環境清掃、厳密な手指衛生などの感染対策が行われ、制御に成功しつつある。

<訳註>
Clostridium difficile toxinotype III、PCR-ribotype 027は近年、カナダおよび米国において問題となり、その後、英国、オランダ、ベルギー、フランスへと国際伝播しました。このタイプは毒素産生が活発で病原性が高く、重い症状と比較的高い死亡率と伴っています。
Clostridium difficileに対する病院感染対策については、こちらを参照下さい。

<参考文献>
Pepin J, Valiquette L, Cossette B.
Mortality attributable to nosocomial Clostridium difficile-associated disease during an epidemic caused by a hypervirulent strain in Quebec.
CMAJ. 2005 Oct 25;173(9):1037-42.
http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pubmed&pubmedid=16179431

Eurosurveillance 2006.09.14/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2006.09.19

関連サイト