Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策ガイドライン > DHガイドライン > ガイドライン > 医療関連感染の予防と制御のための実務規則
Overseas
Guideline
DH ガイドライン
2006/11/16

医療関連感染の予防と制御のための実務規則

Code of practice for the prevention and control of health care associated infection
http://www.dh.gov.uk/assetRoot/04/13/93/37/04139337.pdf
<注釈>

英国健康省は2006年10月1日に英国の公的保険医療機関(National Health Service: NHS)に対して本規則を通知しました。

本規則は感染制御に関するマネージメントと組織及び環境について規定しています。感染制御には経営陣が関与すること、感染制御に関する責任者を設置することなどが定められていますが、環境整備にも重点をおき、衛生的な環境下で患者が医療行為を受けられるようにと基準を設けています。
具体的には環境の運営方針を設定する、清掃及び器具洗浄に関しての責任者を設置する、清掃及び器具洗浄を標準化し計画的に実施する、器具洗浄が適切に行える設備を設置する、手洗い設備と速乾性手指消毒薬を適切な場所に設置するなどと定めています。

英国健康省がこのような環境を重視した規則を発出したことには、英国においてMRSA感染率が上昇し続けていること、また多剤耐性微生物の蔓延の恐れがあることなどの背景があると思われます。

Yoshida Pharmaceutical Co., Ltd. 2006.10.30

関連サイト