What's New

HOME


●2011年

●2010年

●2009年

●2008年

●2007年

●2006年

●2005年

●2004年

●2003年

●2002年

●2001年

●2000年

●1999年

●1998年

プレスリリース

Y's Square Home

●2007.12.17
学術情報誌「カーライルVol.12 No.2」の一部を転載いたしました。


●2007.12.11
PRESS RELEASE-
プレスリリース:−速乾性手指消毒薬−「ワードケアハンドローション0.2%」新発売を掲載いたしました。



●2007.11.30
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「インフルエンザの感染予防」を掲載いたしました。



●2007.11.26
US UPDATE-
MMWRの11月23日号が、イリノイ州のレストランが感染源となったノロウィルスの流行について報告しました。


●2007.11.21
EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの11月15日号が、ドイツで発生したClostridium difficilePCR ribotype027によるClostridium difficile関連疾病の症例について報告しました。


●2007.11.13
WHO UPDATE-
WERの11月9日号が、大流行性インフルエンザのワクチン供給について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの11月8日号が、ノルウェーで発生した侵襲性市井獲得メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染の重症例について報告しました。

Eurosurveillance Weeklyの11月8日号が、フィンランドで初めて発見されたClostridium difficile PCR ribotype 027分離株について報告しました。


●2007.11.05
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「手術時手指消毒におけるウォーターレス法についてを掲載いたしました。


UK UPDATE-
Health Protect Reportの11月2日号が、英国で行われたメチシリン耐性ブドウ球菌による死亡例に関する調査結果について報告しました。

Health Protect Reportの11月2日号が、英国で実施された医療関連感染に関するサーベーランスの第二次年間報告について報告しました


●2007.10.29
EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの10月25日号が、オーストリアで発生したUSA300市井獲得黄色ブドウ球菌について報告しました。


●2007.10.22
US UPDATE-
MMWRの10月19日号が、2001年から2006年の間にマサチューセッツ州で発生した薬剤耐性肺炎球菌セロタイプ19Aについて報告しました。


●2007.10.15
UK UPDATE-
Health Protect Reportの10月12日号が、スコットランドにおいて肺炎桿菌分離株から産出されたKPCカルバペネマーゼについて報告しました。


EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの10月11日号が、スロベニアの介護施設で起きたノロウィルスの集団感染について報告しました。


●2007.10.09
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「Clostridium difficile関連疾病における手指衛生」を掲載いたしました。



●2007.10.02
EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの9月27日号が、エジプトで発生したPanton-Valentine leukocidin陽性市井獲得メシチリン耐性ブドウ球菌による脳膿瘍の症例について報告しました。


●2007.09.28
Medical Corner(医療関係者向け)-
Topicsに ウエルアップハンドローション0.5%の製品紹介を掲載いたしました。

«注意»
Medical Cornerのご利用は医療関係者の方のみとさせていただきます。
また、ご利用上の注意を必ずお読みになってからご利用ください。



●2007.09.19
News!
2006年11月6日に開店しご愛顧頂いている当社の消毒薬のネット通販サイト、「Y's ePharmacy ワイズイーファーマシー」の支店をショッピングモールの楽天市場に開店いたしました。

新しい店舗はこちら:Y's ePharmacy ワイズイーファーマシー楽天市場支店

楽天市場支店につきましても、どうぞご愛顧くださいますようお願いをいたします。



●2007.09.18
UK UPDATE-
Health Protect Reportの9月14日号が、プライマリケアを含むHIVを専門としない機関でのHIV発見・診断の改善について報告しました。



●2007.09.11
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「CDC隔離予防策のためのガイドライン2007について」を掲載いたしました。



●2007.09.04
EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの8月31日号が、ノルウェーの院内感染発生率サベーランスシステムについて報告しました。

US UPDATE-
MMRWの8月31日号が、米国メーン州で家禽用ワクチン製造業従事者の間に発生したSalmonella Serotype Enteritidis集団感染について報告しました。


●2007.08.27
US UPDATE-
MMWRの8月24日号が、米国における誤って百日咳との関連付けられた呼吸器疾患の発生状況について報告しました。


●2007.08.17
News!
Y's Seminar 第4回 「病院感染と消毒セミナー」開催のご案内

Y's Seminar 第4回 「病院感染と消毒のセミナー」を
2007年9月22日(土)イイノホール(東京都千代田区)において開催いたします。
プログラムの詳細はこちらをご覧ください。
また、当セミナーに関するお問い合わせは、こちらにて承っております。

9月13日追記:Y's Seminar 第4回「病院感染と消毒セミナー」は好評につき、受付を終了させていただきました。
たくさんの皆様からお申込みいただき、誠にありがとうございました。


●2007.08.16
UK UPDATE-
Health Protect Reportの8月10日号が、医療現場での感染に関する英国保健当局のレポートについて報告しました。



●2007.08.01
UK UPDATE-
Health Protection Reportの7月27日号が、英国でのMRSA菌血症、C.difficile感染、GRE菌血症に関するデータの公表について報告しました。


Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「特定病原体等の取り扱いについて」を掲載いたしました。

●2007.07.17
UK UPDATE-
Health Protection Reportの7月13日号が、英国における抗菌薬使用と細菌耐性に関する初の包括的レポートについて報告しました。

●2007.07.05
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「感染症予防法の改正について」を掲載いたしました。 また、同じく Dispatch 最近の話題に、「改正医療法施行に伴う感染制御体制の整備について」を掲載いたしました。


●2007.07.02
Overseas Guideline-
CDCが2007年に公表したガイドライン、「隔離予防策のためのガイドライン:医療現場における感染性物質の伝播予防(2007)」について解説を掲載いたしました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの6月28日号が、ブルガリアにおけるPanton-Valentine leukocidin陽性市井獲得メチシリン耐性ブドウ球菌感染について報告しました。

●2007.06.27
ご報告-
日本細菌学会用語委員会が編集している微生物学用語集(出版元:南山堂)の訂正に基づき、 Y's Square内で使用していたClostridium difficileの日本語表記である、「クロストリジウム・ディフィシレ」について、「クロストリジウム・ディフィシル」に変更いたしました。
上記を含む出版元の正誤表はこちらです。

●2007.06.12
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「自然災害時における病院感染対策」を掲載いたしました。


●2007.06.04
UK UPDATE-
Health Protection Reportの6月1日号が、ウェールズ地方、イギリス北西部におけるトリインフルエンザH7N2について報告しました。

学術情報誌「カーライルVol.12 No.1」の一部を転載いたしました。

●2007.05.21
EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの5月17日号が、全ての試験済み薬剤に対して耐性を持つ結核菌の、イタリアにおける初の症例について報告しました。

●2007.05.16
学術情報誌「カーライルVol.11 No.4」の一部を転載いたしました。

●2007.05.14
EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの5月10日号が、インフルエンザ感染予防策の普及のための研究の必要性について報告しました。

●2007.05.01
EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの4月26日号が、英国の病院におけるClostridium difficile PCR ribotype 027の分布について報告しました。

●2007.04.24
第2回感染制御大学院教育協議会講習会開催について(参加申込締切日延長)

当Y's Squareの編集指導をされている東京医療保健大学 小林寛伊先生より、 掲載の依頼がありましたので、ご案内します。

本年8月27日(月)〜 9月1日(土)に第2回感染制御大学院教育協議会が 開催されます。こちらへの参加申込締切日を5月20日(日)まで延長しました。
詳しくはこちらよりご覧ください。
※上記URL内右上のWhat's NEW より、お入り下さい。


●2007.04.23
UK UPDATE-
Health Protection Reportの4月20日号が、CDO(チーフデンタルオフィサー)が行った変異型クロイツフェルトヤコブ症候群の二次感染リスクを減らすためのアドバイスについて報告しました。

●2007.04.16
US UPDATE-
MMWRの4月13日号がインフルエンザに関連する重症メチシリン耐性黄色ブドウ球菌市井肺炎について報告しました。

●2007.04.11
第3回アジア太平洋感染制御学会
3rd International Congress of the Asia Pacific Society of Infection Control (APSIC)のご案内


第3回アジア太平洋感染制御学会 3rd International Congress of the AsiaPacific Society of Infection Control (APSIC)が2007年7月8日(日)〜11日(水)マレーシアのクアラルンプールで開催されます。
プログラムの詳細はこちらをご覧ください。
なお、ポスター出展をご希望の方は2007年4月30日が締切になります。

また、吉田製薬株式会社は第3回アジア太平洋感染制御学会(APSIC)においてシンポジウムVIIを共同開催いたします(2007年7月9日(月))。
シンポジウムVIIの概要は以下を参照ください。
たくさんの先生方のご来場をお待ち申し上げております。

APSIC Symposium VII(概要)

シンポジウムタイトル: Strategies for Infection Prevention and Control
日時:2007年7月9日(月)15:15〜16:45
開催地:Kuala Lumpur, Malaysia
司会:Professor Hiroyoshi Kobayashi (Tokyo Healthcare University and Postgraduate School, Japan)

講演:
1.Infection Control Practice in China
演者:Professor Li Liuyi(Peking University, China)

2.STD Education for Adolescents
演者:Mutsuko Watarai(Tokyo Health Care University,Japan)

3.Prevention of Surgical site infection
演者:Dr Keita Morikane(Infectious Disease Surveillance Center, NationalInstituteof Infectious Diseases, Japan)

4.Importance of hand hygiene for infection control and new aspects in the European perspective
演者:Professor Axel Kramer(University of Greifswald, Germany)

共催:吉田製薬株式会社

●2007.04.09
UK UPDATE-
Health Protection Reportの4月5日号が、エジプトにおけるトリインフルエンザ感染の増加について報告しました。

●2007.04.02
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「医療器具における再生処理のポイント」を掲載いたしました。


●2007.03.30
会社概要-
平成18年12月期決算公告を掲載いたしました。

●2007.03.20
第2回感染制御大学院教育協議会講習会開催について

当Y's Squareの編集指導をされている東京医療保健大学 小林寛伊先生より、 講習会開催案内の通知掲載の依頼がありましたので、ご案内します。

本年8月27日(月)〜 9月1日(土)に第2回感染制御大学院教育協議会が 開催されます。詳しくはこちらよりご覧ください。
※上記URL内右上のWhat's NEW より、お入り下さい。

●2007.03.19
PRESS RELEASE-
プレスリリース:−速乾性擦式手指消毒剤−「ウエルアップハンドローション0.5%」新発売、手術時手指消毒はウォーターレスの時代へを掲載いたしました。


EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの3月15日号が、欧州における薬剤耐性の傾向ついて報告しました。

●2007.03.15
会社概要-
当社業績推移役員構成株主構成を更新いたしました。

●2007.03.12
US UPDATE-
MMWRの3月9日号が、米国の透析患者における侵襲的MRSAついて報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの3月8日号が、イタリアで人為的ミスより発生したHIV陽性臓器の移植について報告しました。

●2007.03.05
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「広範囲薬剤耐性結核(Extensively drug-resistant tuberculosis:XDR-TB)」を掲載いたしました。


●2007.02.28
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「米国の輸液調剤ガイドラインについて」を掲載いたしました。


●2007.02.13
WHO UPDATE-
WERの2月9日号が、2003年から2006年にかけてWHOが確認したインフルエンザA(H5N1)ヒト感染について報告しました。
●2007.02.06
2006年7月に開催した、「Y's Seminar 第3回病院感染と消毒のセミナー 記録集(カーライルVol.12 Suppl.13)」の一部を転載いたしました。

また、「第21回日本環境感染学会 ランチョンセミナー 記録集(カーライルVol.11 Suppl.12)」の一部を転載いたしました。

●2007.02.05
第22回日本環境感染学会 教育セミナー4共催
吉田製薬株式会社は第22回日本環境感染学会教育セミナー4 (2007年2月23日(金) 於:パシフィコ横浜)を共同開催いたします。
プログラムの概要はこちらをクリックしご覧下さい(pdfファイルで表示します)。

UK UPDATE-
Health Protection Report(旧CDR Weekly)の2月2日号が、イングランドにおける整形外科手術部位の義務的サーベーランス(2年目)について報告しました。

また、同じくHealth Protection Report(旧CDR Weekly)の2月2日号が、イングランドにおけるディフィシレ菌感染とメチシリン耐性黄色ブドウ球菌菌血症の義務的サーベーランス(2006年1〜9月)について報告しました。


●2007.01.24
EURO UPDATE-
Euroserveillance Weeklyの1月11日号が、日本における初めてのClostridium difficile 027の分離について報告しました。
●2007.01.18
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「ノロウイルスの消毒−エタノールの使い方を中心に−」を掲載いたしました。


学術情報誌「カーライルVol.11 No.3」の一部を転載いたしました。
●2007.01.11
-----
あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

*なお、昨年までの更新履歴は「顕微鏡画像」下のリンクボタンで ご覧になることができます。