Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2007 > 日本における初めてのClostridium difficile 027の分離
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2007/01/11

日本における初めてのClostridium difficile 027の分離

First isolation of Clostridium difficile 027 in Japan の要旨
Eurosurveillance Weekly January 11, 2007, Vol. 12, Issue 1.

http://www.eurosurveillance.org/ew/2007/070111.asp

2005年日本において、30歳の偽膜性大腸炎女性患者の便から、Clostridium difficile (North American pulsed field gel electrophoresis type 1, PCR ribotype 027, toxinotype III)が分離された。これは日本における最初のClostridium difficile 027の分離である。日本においてこれまでに発生しているClostridium difficile集団感染は、Clostridium difficile 027によるものではない。Clostridium difficile 027は北米と欧州で問題となっているが、今回の分離菌が日本国外から持ち込まれたもであるかどうかは不明である。

<訳註>
Clostridium difficile 027についてはこちらを参照ください。

Eurosurveillance 2007.01.11/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2007.01.24

関連サイト