Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2007 > 英国の病院におけるClostridium difficile PCR ribotype 027の分布について
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2007/04/26

英国の病院におけるClostridium difficile PCR ribotype 027の分布について

Distribution of Clostridium difficilePCR ribotype 027 in British hospitalsの要旨
Eurosurveillance Weekly 26 April 2007, Vol. 12, No. 4.

http://www.eurosurveillance.org/ew/2007/070426.asp#2

2004年、2005年に英国南東部の病院で起きたClostridium difficile感染の集団発生は、PCR ribotype 027として知られている、新しく、より強毒と推測される株が原因であった。この集団発生と同時に行われていた、有症状患者の分離株サーベーランスと、Anaerobe Reference Laboratory(ARL)が要請を受けて行った追加調査の結果から、英国全土の病院への実際の蔓延範囲が判明した。9つのThe Health Protection Laboratory(HPA)管区から提出された1,004株のC. difficileから、881の分離株が調査された。英国全土で行われたこの調査により、分離株の約75%がtype 106, 027, 001の3種類で占められており、その約3分の1がtype 027で地域的にも拡散していることが明らかになった。拡散のメカニズムは不明であるものの、他のヨーロッパ諸国においても警戒が必要であることが示された。
<訳註>
Clostridium difficile 027については、
日本における分離例および、欧米における分離状況を参照ください。

またClostridium difficileに対する病院感染対策については、
Y’s Letter No.30「芽胞形成菌について」を参照下さい。

Eurosurveillance 2007.04.26/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2007.05.01

関連サイト