Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2007 > イングランドにおけるディフィシル菌感染とメチシリン耐性黄色ブドウ球菌菌血症の最新データ
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2007/02/02

イングランドにおけるディフィシル菌感染とメチシリン耐性黄色ブドウ球菌菌血症の最新データ

Quarterly Clostridium difficile and MRSA data publishedの要旨
Health Protection Report February 2, 2007 Vol.1, No.5
http://www.hpa.org.uk/hpr/archives/2007/hpr0507.pdf
http://www.hpa.org.uk/hpr/
イングランドにおける2006年1~9月のディフィシル菌感染は、42,625例で、前年同期比5.5%の増加であった。2006年4~9月のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌菌血症は3,391例で、前年同期比5.0%の減少、感染率は10,000病床日あたり1.69例であった。
<訳註>
本報告の全文は、こちらで閲覧できます。
イングランドにおけるディフィシル菌とメチシリン耐性黄色ブドウ球菌サーベーランスについては、こちらこちらをご覧ください
CDR Weekly: 2007.02.02/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2007.02.05

関連サイト