Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 世界保健機構(WHO-WERより) > 2007 > 最新情報:WHOが確認したインフルエンザA(H5N1)ヒト感染
WHO Update
世界保健機構(WHO-WERより)
2007/02/09

最新情報:WHOが確認したインフルエンザA(H5N1)ヒト感染

WER February 9, 2007 Vol.82, No.6
WHO-confirmed human cases of avian influenza A(H5N1) infection, 25 November 2003- 24 November 2006
http://www.who.int/wer/2007/wer8206.pdf
WHOがトリインフルエンザA(H5N1)ヒト感染の記録を開始してから3年が経過した。2006年4月30日までに発生した205の検査確認例によると、90%が40歳未満であり、症例死亡率は56%、発病から入院までの期間は平均4日、発病から死亡までの期間は平均9日である。本報告には前回の報告以降発生した51例が追加されている。トリにおける集団感染は世界中で継続して発生している。
<訳註>
前回の報告は国立感染症研究所感染症情報センターのWebサイトにて邦訳を閲覧できます。
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/62who10.html
WER: 2007.02.09 / Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2007.02.13

関連サイト