What's New

HOME


●2011年

●2010年

●2009年

●2008年

●2007年

●2006年

●2005年

●2004年

●2003年

●2002年

●2001年

●2000年

●1999年

●1998年

プレスリリース

Y's Square Home

●2008.12.25
Overseas Guideline-
SHEA/APICが公表した、「長期療養施設における感染対策のためのガイドライン(2008)」について紹介を掲載しました。


●2008.12.24
UK UPDATE-
Health Protection Rportの12月19日号が、英国の血流感染の最新データについて報告しました。


●2008.12.19
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「感染性胃腸炎における感染対策-ノロウイルスを中心に-」を掲載いたしました。


Overseas Guideline-
CDCが公表した、「医療施設における消毒と滅菌のためのガイドライン(2008)」について紹介を掲載しました。


●2008.12.01
UK UPDATE-
Health Protection Reportの11月28日号が、 2000年から2007年にかけて行われた医療従事者の血中ウィルスに対する職業的曝露の重大性に関するサーベーランスについて報告しました。

UK UPDATE-
Health Protection Reportの11月28日号が、 イングランドにおける整形外科手術部位の義務的サーベーランスの4年目の結果について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの11月27日号が、 アムステルダムの老人介護施設の内外で発生した疥癬の持続感染性と、その疥癬が示した薬剤耐性の兆候について報告しました。


●2008.11.18
EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの11月13日号が、フランスでの肺炎球菌分離株と黄色ブドウ球菌分離株における抗菌剤耐性の最近の傾向について報告しました。


●2008.11.04
UK UPDATE-
Health Protection Reportの10月24日号が、英国のC. difficileに関する義務的サーベーランスのデータについて報告しました。


●2008.10.21
EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの10月16日号が、南アフリカで発生し、アレナウイルス感染と判明した未知の疾病について報告しました。


●2008.10.14
EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの10月9日号が、イングランドで2007年から2008年の間に行われた病院内で検出されたClostridium difficile PCRリボタイプの分布と抗菌薬感受性パターンに関する調査について報告しました。


●2008.10.09
Y's Seminar 第5回 「病院感染と消毒セミナー」募集終了のご案内
Y's Seminar 第5回「病院感染と消毒セミナー」 は好評につき、受付を終了させていただきました。
たくさんの皆様からお申込みいただき、誠にありがとうございました。


●2008.10.07
WHO UPDATE-
WERの10月3日号が、パキスタン北西辺境州で発生したトリインフルエンザによるヒト感染について報告しました。


●2008.09.24
Y'S INFORMATION-
9月16日に掲載したDispatch最近の話題、「透析室における感染対策」について、参考文献13)厚労省:透析医療における標準的な透析操作と院内感染予防に関するマニュアル 改訂版 第2刷.2004.が改訂されておりましたので、最新版に差し替えました。また最新版のマニュアルに従い、用語・記載内容を訂正いたしました。


EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの8月28日号が、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌による感染の予防と制御のためにオランダとドイツの国境地域で構築されたEUREGIO MRSA-NETについて報告しました。

UK UPDATE-
Health Protection Reporの9月19日号が、英国の義務的サーベーランスの最新データが示したMRSA感染の減少について報告しました。


●2008.09.22
News!

Y's Seminar 第5回 「病院感染と消毒セミナー」開催のご案内
Y's Seminar 第5回「病院感染と消毒のセミナー」(2008年10月18日(土)、 都市センターホテル3F コスモスホール(東京都千代田区))において開催いたします。

プログラムの詳細についてはこちらの案内をご覧ください。
また 参加をご希望の方はセミナーの概要案内ページ下方の「参加申込フォーム」よりお申込をお願いします。

当セミナーに関するお問合せはY's Seminar運営事務局にて承ります。

それでは皆様のご参加をお待ちしております。


【2008.10.9 追記】
Y's Seminar 第5回「病院感染と消毒セミナー」は好評につき、受付を終了させていただきました。
たくさんの皆様からお申込みいただき、誠にありがとうございました。



●2008.09.19
Medical Corner-
合成ケイ酸アルミ「ヨシダ」添付文書改訂のお知らせ、およびマグラックス錠、重カマ「ヨシダ」添付文書改訂のお知らせを掲載いたしました(一度Medical Cornerへお入りいただき該当ページをご参照下さい)。



●2008.09.16
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「透析室における感染対策」を掲載いたしました。


US UPDATE-
MMWRの9月12日号が、 2006年、アイダホで検査室精度管理試験中に起きた炭疽菌の交差汚染について報告しました。


●2008.09.10
PRESS RELEASE-
プレスリリース:−丸石製薬株式会社と吉田製薬株式会社の資本業務提携に関する基本合意のお知らせを掲載いたしました。



●2008.08.28
UK UPDATE-
Health Protection Reportの8月22日号が、水痘に感染した医療従事者が患者と接触することで患者にもたらされる感染のリスクについて報告しました。


●2008.08.25
2007年2月23日に開催した、「第22回日本環境感染学会 教育セミナー 記録集(カーライルVol.12 Suppl.14)」の一部を転載いたしました。


●2008.08.18
US UPDATE-
MMWRの8月15日号が、 透析施設に対する感染制御の必要性と、非経口薬剤のバイアルに関するガイダンスについて報告しました。


●2008.07.28
EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの7月24日号が、スウェーデン、ヨーテボリで行われた、病院内での広範囲にわたる接触発生後の効果的な麻疹制御対策について報告しました。


●2008.07.22
UK UPDATE-
Health Protection Reportの7月18日号が、英国の医療関連感染サーベーランス第三次年間レポートについて報告しました。


●2008.07.07
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「百日咳の感染対策について」を掲載いたしました。


EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの7月3日号が、2007年にオランダの老人施設で起きた、誤った採血器の使用法によって発生したB型肝炎ウイルス感染について報告しました。


●2008.06.19
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「薬事的な観点から見た消毒薬の選択方法」を掲載いたしました。



●2008.06.10
US UPDATE-
MMWRの6月6日号が、2004年にテキサスで新生児の間に発生した百日咳の院内感染について報告しました。


●2008.05.27
Y'S INFORMATION-
訂正:5月12日に掲載したDispatch 最近の話題、「感染症予防法の一部改正について(新型インフルエンザ等感染症の追加など)」について、5類の(全数)把握対象の「風しん、麻しん」を、誤って(定数)欄に記載しておりましたので訂正いたしました。


EURO UPDATE-
Eurosurveilance の5月22日号が、2005年にフランスで発生した看護師から患者へのB型肝炎ウィルス伝播について報告しました。


●2008.05.20
US UPDATE-
MMWRの5月16日号が、ネバダ州の内視鏡クリニックで発生した、安全ではない注射器の使用による急性C型肝炎ウイルス感染について報告しました。


●2008.05.16
Y'S INFORMATION-
訂正:5月12日に掲載したDispatch 最近の話題に、「感染症予防法の一部改正について(新型インフルエンザ等感染症の追加など)」について、1類に分類される「痘そう」が抜けておりましたので追加いたしました。



●2008.05.12
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「感染症予防法の一部改正について(新型インフルエンザ等感染症の追加など)」を掲載いたしました。



●2008.04.25
UK UPDATE-
Health Protection Reportの4月25日号が、MRSA菌血とClostridium difficile感染に関する最新のサーベーランスデータについて報告しました。


●2008.04.08
US UPDATE-
MMWRの2008年4月4日号が、テキサス州とオクラホマ州で起きた臓器移植を原因とする結核の感染伝播について報告しました。

Overseas Guideline-
英国健康省(Department of Health)が2007年に公表したガイドライン、「英国NHS病院における医療関連感染防止のためのエビデンスに基づいた国内ガイドライン(2007)」について解説を掲載いたしました。


●2008.04.01
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「英国における医療関連感染防止ガイドライン」を掲載いたしました。


●2008.03.27
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「麻疹について」を掲載いたしました。



●2008.03.04
EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの2月(Vol.13, Issue.9)号が、オランダの病院における初のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌・ST398集団感染について報告しました。

UK UPDATE-
Health Protection Reportの2月29日号が、病院感染による死亡率に関する英国統計局のデータについて報告しました。

会社概要-
当社業績推移役員構成を更新いたしました。


●2007.02.27
会社概要-
平成19年12月期決算公告を掲載いたしました。



●2008.02.26
US UPDATE-
MMWRの2月22日号が、2007年から2008年の間にミネソタ州とノースダコタ州で発生したフロオロキノロン系薬剤耐性の髄膜炎菌について報告しました。


●2008.02.07
第23回日本環境感染学会 教育セミナー21共催
吉田製薬株式会社は第23回日本環境感染学会教育セミナー21 (2008年2月23日(土) 於:NCC&スタジオ(長崎))を共同開催いたします。(PDF(526kb))

プログラムの概要(PDF(526kb))開催場所(PDF(495kb))をクリックしご覧下さい



●2008.02.06
UK UPDATE-
Health Protection Reportの2月1日号が、英国で行われたMRSA菌血とClostridium difficile感染に関するサーベーランスの結果について報告しました。


●2008.01.29
EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの1月(Vol.13, Issue.4)号が、ギリシャでメタロベータラクタマーゼ産出肺炎桿菌が大量発生している状況について報告しました。

学術情報誌「カーライルVol.12 No.3」の一部を転載いたしました。
また、「第22回日本環境感染学会 教育セミナー 記録集(カーライルVol.12 Suppl.14)」の一部を転載いたしました。


●2008.01.24
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「病院環境表面の清掃・消毒」を掲載いたしました。



●2008.01.22
UK UPDATE-
Health Protection Reportの1月18日号がPVLと関連のある黄色ブドウ球菌感染の診断と管理に関するガイドラインの草案について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの12月20日号が、スウェーデンで確認された肺炎桿菌カルバペネマーゼ(KPC)について報告しました。

Overseas Guideline-
米国食品医薬品局(The Food and Drug Administration ;FDA),米国疾病管理予防センターCenters for Disease Control and Prevention;CDC)、米国環境保護局(Environmental Protection Agency ;EPA)、連邦安全衛生局(Occupational Safety and Health Administration ;OSHA)が連名で通知した、電子医療機器に洗浄剤と消毒薬を過剰に使用した場合に発生する危険について紹介記事を掲載いたしました。



●2008.01.09
US UPDATE-
MMWRの1月4日号が、コロンビア特別区の小学校で発生したノロウィルスの集団感染について報告しました。


●2008.01.08
-----
あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

*なお、昨年までの更新履歴は「顕微鏡画像」下のリンクボタンで ご覧になることができます。