Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > アメリカ(CDC-MMWRより) > 2008 > 新生児の間で発生した百日咳の病院感染について-2004年 テキサス
US Update
アメリカ(CDC-MMWRより)
2008/06/06

新生児の間で発生した百日咳の病院感染について-2004年 テキサス

June 6, 2008, 2008, Vol.57 No.22 Hospital-Acquired Pertussis Among Newborns — Texas, 2004の要旨 http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5722a2.htm http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/wk/mm5722.pdf

2004年7月10日、テキサスの子供病院のスタッフが、同病院で百日咳と診断された6人の乳児全員が、6月4日から16日の間に同じ地域の総合病院で生まれたと指摘した。 乳児らの感染が判明した直後、子供病院のスタッフは、総合病院の新生児室に関するカルテを再調査、ある1人のスタッフ(スタッフA)が新生児室において今回感染した6人の新生児全てのケアを行っていたということが明らかになった。24歳のスタッフAは、小児の頃に予防接種を受けているものの、6月初・中旬から7月11日にかけて、咳、咳後嘔吐、呼吸困難といった百日咳の症状が出ていた。彼女と、同じように咳の症状が出ていた同僚1名がポリメラーゼ連鎖反応 (PCR)による検査を受けたが、スタッフAだけに陽性という結果が出た。 2004年7月21日、郡衛生局は、総合病院に対して5月31日から7月17日に同病院の新生児室に滞在した新生児全ての家族に連絡を取り、呼吸に関する検査と抗生物質投与の必要性を伝えるよう指示した。

the Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は、直接患者と接する機会のある医療スタッフと、生後12ヶ月以下の乳児に接する機会のある人間に破傷風トキソイド、弱毒ジフテリアトキソイド、無細胞性百日咳 (Tdap) ワクチンを接種することを勧めている。それにより、地域や医療施設での百日咳感染のリスクを減らすことができる。また、このケースにより、特に新生児や乳児については、百日咳の病院感染の迅速な発見と、原因追及と感染の広がりを阻止するための病院や地域開業医による素早い対応が大変重要であることがわかった。

<訳註>
百日咳の感染対策については、Y’s Reviewレンサ球菌・髄膜炎菌・百日咳菌をご参照下さい。
MMWR:2008.06.06/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2008.06.10

関連サイト