What's New

HOME


●2011年

●2010年

●2009年

●2008年

●2007年

●2006年

●2005年

●2004年

●2003年

●2002年

●2001年

●2000年

●1999年

●1998年

プレスリリース

Y's Square Home

●2009.12.25
会社概要-
当社株主構成を更新いたしました。(2009年12月22日付け)



●2009.11.20
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「長期療養施設における感染対策のためのガイドライン2008」を掲載いたしました。



●2009.10.08
US UPDATE-
MMWRの10月2日号が、パンデミックインフルエンザA(H1N1)2009で死亡した患者の肺組織から細菌性重感染が確認された件について報告しました。


●2009.09.28
UK UPDATE-
Health Protection Reportの9月18日号が、英国における医療関連感染に関する年次レポートについて報告しました。


●2009.09.13
US UPDATE-
MMWRの9月11日号が、オセルタミビルの予防投与を受けたサマーキャンプ参加者2名からオセルタミビル耐性のインフルエンザA(H1N1)ウイルスが発見された事例について報告しました。


●2009.09.10
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、国立感染症研究所感染症情報センターが発行した「医療機関での新型インフルエンザ感染対策―改訂版」の概要を掲載いたしました。



●2009.09.02
US UPDATE-
MMWRの8月28日号が、イリノイ州シカゴでの2009年4月から7月のインフルエンザA(H1N1)ウイルス感染パンデミックの状況について報告しました。


●2009.08.26
US UPDATE-
MMWRの8月21日号が、ワシントン州シアトルで新型インフルエンザA(H1N1)の治療のためオセルタミビルの投与を受けた2名の免疫抑制状態患者のウイルスがオセルタミビルに耐性を獲得した症例について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillenceの8月20日号が、H1N1インフルエンザによる致命的症例に関する疫学的考察について報告しました。


●2009.08.24
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「病院感染対策と経済効果について(2009.8.24)」を掲載いたしました。


UK UPDATE-
Health Protection Reportの7月17日号が、英国の脳神経外科と眼科で手術前に行われる変異型クロイツフェルトヤコブ病リスク検査法の改正について報告しました。


●2009.08.07
News!
Y's Seminar 第6回 「病院感染と消毒セミナー」開催のご案内
Y's Seminar 第6回 「病院感染と消毒のセミナー」を
2009年9月12日(土)ニッショーホール(東京都港区)において開催いたします。

プログラムの詳細についてはこちらの案内をご覧ください。
また参加をご希望の方はこちらのページ下方「参加申込フォーム」よりお申込をお願いします。

なお、当セミナーに関するお問い合わせはY's Seminar運営事務局にて承ります。

それでは皆様のご参加をお待ちしております。

【2009.9.8 追記】
Y's Seminar 第6回「病院感染と消毒セミナー」は好評につき、受付を終了させていただきました。
たくさんの皆様からお申込みいただき、誠にありがとうございました。



●2009.07.28
US UPDATE-
MMWRの7月24日号が、テキサス州ダラスで数人の子供に発生した新型インフルエンザA(H1N1)による神経系の合併症について報告しました。


●2009.07.22
US UPDATE-
MMWRの7月17日号が、ミシガン州で、新型インフルエンザA(H1N1)感染により集中治療室で治療を受けた重症患者について報告しました。


●2009.07.16
UK UPDATE-
Health Protection Reportの7月3日号が、インドとパキスタンに関連している病院内多剤耐性菌について報告しました。


●2009.07.02
Y's Text 消毒薬テキスト 第3版を公開いたしました。


●2009.06.24
US UPDATE-
MMWRの6月19日号が、アメリカの医療従事者の間で広がる新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillenceの6月18日号が、南半球での新型インフルエンザA(H1N1)V の状況がヨーロッパにもたらす教訓について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの6月18日号が、イタリアにおけるインフルエンザA(H1N1)V ウイルスのヒトの症例に関するウイルス学的サーベイランスの予備的結果について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillenceの6月18日号が、2009年5月から6 月の日本におけるインフルエンザA(H1N1)V ウイルス感染に関する疫学的考察について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillenceの6月18日号が、インフルエンザA(H1N1)V の蔓延を抑えるために重要な手法としての学校閉鎖について報告しました。


●2009.06.23
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.6.22)」を掲載いたしました。



●2009.06.22
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「米国における周産期B 群レンサ球菌疾患の傾向(2000年〜2006年)について」を掲載いたしました。


EURO UPDATE-
Eurosurveillenceの5月28日号が、ギリシャで発生した高感染性クローンによる KPC-2産出肺炎桿菌感染について報告しました。



●2009.06.18
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザA(H1N1)の最新情報と感染対策」を掲載いたしました。


Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.6.17)」を掲載いたしました。


WHO UPDATE-
WERの6月12日号が、神戸で2009年5月に発生した学校関連の新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染に関する臨床的観測について報告しました。

UK UPDATE-
Health Protection Reportのの6月12日号がインフルエンザA/H1N1 (ブタ由来) の2009年6月12日時点での英国における状況について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillenceの6月11日号が、 EU諸国と欧州自由貿易連合諸国で発生した新型インフルエンザA(H1N1)v ウイルスの単体症例と集合症例に関する予備的分析について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの6月11日号が、レユニオン島で行われているインフルエンザに関する徹底調査について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillenceの6月11日号がインフルエンザのパンデミック警戒レベルがフェーズ6 に達した件について報告しました。



●2009.06.12
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.6.12)」を掲載いたしました。



●2009.06.11
WHO UPDATE-
WERの6月5日号が、2009年3月から5月におけるメキシコでの新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染の最新情報について報告しました。

US UPDATE-
MMWRの6月5日号が、2009年3月から5月におけるメキシコでの新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染の最新情報について報告しました。

UK UPDATE-
Health Protection Reportの6月5日号が、2009年6 月5日時点での英国におけるインフルエンザA/H1N1(ブタ由来)の状況について報告しました。。

UK UPDATE-
Health Protection Reportの6月5日号が、レジオネラ症に対する公衆衛生の対応法に関する新しいガイダンスについて報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillenceの6月4日号が、 日本における新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス伝播の潜在力と年齢的特性 について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの6月4日号が、2009年4月から6月の英国における新型インフルエンザA(H1N1)に関する疫学的考察 について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillenceの6月4日号が、インフルエンザA(H1N1)Vウイルス検出のための4つのリアルタイムPCR分析の効果査定 について報告しました。


●2009.06.08
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.6.8)」を掲載いたしました。



●2009.06.04
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.6.3)」を掲載いたしました。


UK UPDATE-
Health Protection Reportの5月29日号が2009年5月29日時点での英国におけるインフルエンザA/H1N1 (ブタ由来)の状況について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの5月28日号が、2009年4月から5月におけるフランスでの新型インフルエンザ(H1N1)ウイルス感染の状況について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillance Weeklyの5月28日号が、 新型インフルエンザA(H1N1)の起源に関するクラスター分析 について報告しました。

WHO UPDATE-
WERの5月29日号が、 インフルエンザパンデミックの重症度判定に関する考察 について報告しました。


●2009.05.31
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.5.29)」を掲載いたしました。



●2009.05.27
UK UPDATE-
Health Protection Report の5月22日号が、 四半期ごとに行われるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌とクロストリジウム・ディフィシルに関するレポートの発行日程 について報告しました。


UK UPDATE-
Health Protection Report の5月22日号が、インフルエンザA/H1N1(ブタ由来):に関する2009年5月22日時点での英国の状況について報告しました。

WHO UPDATE-
WERの5月22日号が、 新型インフルエンザA(H1N1)によるヒト感染のメキシコやその他の国々おける臨床的所見について報告しました。


●2009.05.27
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.5.27)」を掲載いたしました。



●2009.05.22
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.5.25)」を掲載いたしました。


US UPDATE-
MMWRの5月22日号が、 季節性インフルエンザワクチン接種後の新型インフルエンザA(H1N1)ウイルスに対する血清交差反応性抗体反応について報告しました。

US UPDATE-
MMWRの5月22日号が、 カリフォルニアにおいて新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染により入院した患者の2009年4月から5月の状況について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの5月21日号が、 2001年1月から2008年9月の間にスペイン北部のバスク地方にて急速に広まった薬剤耐性インフルエンザAウイルス について報告しました。


●2009.05.22
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.5.22)」を掲載いたしました。



●2009.05.21
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.5.21)」を掲載いたしました。


手洗いの手順を示したイラストを掲載いたしました。


●2009.05.20
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.5.20)」を掲載いたしました。



●2009.05.19
Overseas Guideline-
WHOが発行した「医療ケアにおける手指衛生のWHOガイドライン(2009)」について解説を掲載いたしました。



●2009.05.18
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.5.18)」を掲載いたしました。


WHO UPDATE-
WER の5月15日号が、2009年5月現在での全世界における新型インフルエンザA (H1N1)ウイルス感染 の状況 について報告しました。

UK UPDATE-
Health Protection Report の5月15日号が、 2009年5月15日現在の英国における新型インフルエンザA / H1N1 (ブタ由来)の状況 について報告しました。

US UPDATE-
MMWRの5月15日号が、アメリカ国内で2009年4月から5月に3人の妊婦に発生した新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの5月14日号が、2009年4月から5月の スペインにおける新型インフルエンザA(H1N1)の状況 について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの5月14日号が、 2009年4月から5月の英国における新型インフルエンザA(H1N1)の状況 について報告しました。


●2009.05.15
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.5.15)」を掲載いたしました。



●2009.05.13
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.5.13)」を掲載いたしました。



●2009.05.11
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.5.11)」を掲載いたしました。


WHO UPDATE-
WER の5月8日号が、新型インフルエンザA(H1N1)の最新情報について報告しました。

UK UPDATE-
Health Protection Report の5月8日号が、新型インフルエンザA /H1N1の英国における状況 について報告しました。

US UPDATE-
MMWRの5月8日号が、5月8日時点での全世界における新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染に関する最新情報について報告しました。

US UPDATE-
MMWRの5月8日号が、2009年3月から4月のメキシコにおける新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染 について報告しました。

US UPDATE-
MMWRの5月8日号が、2009年4月のニューヨークシティーの学校における新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染 について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの5月7日号が、 ドイツで感染経路が確認された新型インフルエンザA(H1N1)菌株の初の症例について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの5月7日号が、新型インフルエンザA(H1N1)に関するパンデミックフェーズが5に引き上げられてから最初のヨーロッパ連合における疫学的所見 について報告しました。


●2009.05.08
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.5.7)」を掲載いたしました。



●2009.05.07
UK UPDATE-
Health Protection Report の5月1日号が、英国におけるインフルエンザA/H1N1 (ブタ由来)の 2009年5月1日時点での状況を報告しました。

US UPDATE-
MMWRの5月1日号が、アメリカ国内とその他の国々におけるブタインフルエンザA(H1N1)ウイルスに関する最新情報について報告しました。

US UPDATE-
MMWRの5月1日号が、アメリカ国内とその他の国々におけるブタインフルエンザA(H1N1)ウイルス感染に関する4月28日時点での最新情報について報告しました。

US UPDATE-
MMWRの5月1日号が、ブタインフルエンザA(H1N1)ウイルスの薬剤感受性について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの4月30日号が、 スコットランドとスペインで確認された新型インフルエンザA/H1N1 菌株の人への感染例について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの4月30日号が、人への感染が発生しているブタインフルエンザ(H1N1)ウイルスの発生について報告しました。


●2009.05.01
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.5.1)」を掲載いたしました。



●2009.04.30
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「新型インフルエンザ(ブタインフルエンザH1N1)に関する情報(2009.4.30)」を掲載いたしました。


Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「ブタインフルエンザについて−フェーズ4における医療施設における対応−」を掲載いたしました。



●2009.04.28
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「ブタインフルエンザA(H1N1)に関する情報(2009.4.28)」を掲載いたしました。


US UPDATE-
MMWRの4月24日号(速報)が、アメリカ国内で発生した豚インフルエンザに関する最新情報について報告しました。

US UPDATE-
MMWRの4月24日号が、南カリフォルニアの2人の子供に発生した豚インフルエンザA型(H1N1)について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの4月23日号が、 デンマークの北ジーランドで2008年から2009年の間に発生した Clostridium difficile PCR ribotype 027 感染 について報告しました。


●2009.04.21
UK UPDATE-
Health Protection Reportの4月17日号が、 Clostridium difficileに関する四半期ごとの義務的サーベーランスの 2008年10月から12月のデータについて 報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの4月16日号が、 デンマークで発生した Clostridium difficile PCR RIBOTYPE 027とフルオロキノロン、セファロスポリンの使用増加との関連性について報告しました。


●2009.04.14
EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの4月9日号が、2007年7月から2008年6月にベルギーで全国的に行われた病院内におけるクロストリジウムディフィシル感染に関する前向き(プロスペクティブ)サーベイランス について報告しました。


●2009.04.07
EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの4月2日号が、 アイルランド共和国で初めて検出されたクラスAカルバペネマーゼ産出肺炎桿菌 について報告しました。


●2009.03.20
US UPDATE-
MMWRの3月20日号が、 急性期病棟で発生するカルバペネム耐性もしくはカルバペネマーゼ産出腸内細菌感染について報告しました。

UK UPDATE-
Health Protection Reportの3月20日号が、 義務的サーベーランスによって判明した、四半期(2008年9月-12月)におけるMRSA菌血症に関するデータについて報告しました。


●2009.03.09
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「疥癬の感染対策」を掲載いたしました。


US UPDATE-
MMWRの3月6日号が、 2001年から2008年にかけてニューヨークの外来用透析病棟で発生したC型肝炎ウイルスの伝播について報告しました。

US UPDATE-
MMWRの3月6日号が、2008年にサンディエゴで発生した、子象を介したメチシリン耐性黄色ブドウ球菌による皮膚感染について報告しました。


●2009.02.25
UK UPDATE-
Health Protection Report の2月20日号が、血友病患者の検死で発見された無症状の変異型クロイツフェルトヤコブ病の原因となる異常プリオンタンパク質について報告しました。


●2009.02.24
会社概要-
当社業績推移役員構成平成20年12月期決算公告を更新および掲載しました。


EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの2月19日号が、スペインのアラゴンで発生したA型豚インフルエンザ(H1N1)の人への感染について報告しました。


●2009.02.23
PRESS RELEASE-
プレスリリース:丸石製薬株式会社と吉田製薬株式会社の資本業務提携に関する基本合意書の合意解除のお知らせを掲載いたしました。



●2009.02.18
US UPDATE-
MMWRの2月13日号が、2000年から2006年における周産期のGBSの傾向 について報告しました。

UK UPDATE-
Health Protection Reportの2月13日号が、 病院内で発生したノロウィルス感染に関するインターネットを基にしたリアルタイムの調査 について報告しました。

UK UPDATE-
Health Protection Report(Entric)の2月13日号が、ノロウイルスと疑われるケースと、検査でノロウイルスと判明したケースの地域分類されたデータについて報告しました。


●2009.02.02
US UPDATE-
MMRWの1月30日号が、 2007年にニューヨークシティの高校フットボールチーム内で発生したメチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染 について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの1月29日号が、 チェコ共和国で初のメタロβラクタマーゼ産生緑膿菌検出について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの1月29日号が、 2008年11月から12月にマルタの老人施設で発生したノロウイルス感染 について報告しました。


●2009.01.20
UK UPDATE-
Health Protection Report の1月16日号が、 英国における Clostridium difficile に関する義務的サーベイランスの結果について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillance 1月15日号が、2008年1月にキプロス島の私立病院の新生児病棟で発生したレジオネラ症感染について報告しました。

EURO UPDATE-
Eurosurveillance の1月15日号が、ギリシャにおける外来患者の市井獲得Panton-Valentine leukocidin(PVL)陽性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) の感染率の高さについて報告しました。


●2009.01.14
第24回日本環境感染学会 教育セミナー2共催
吉田製薬株式会社は第24回日本環境感染学会において教育セミナー2 (2009年2月27日(金) 於:パシフィコ横浜)を共同開催いたします(PDF(347kb))。

詳細はプログラムの概要(PDF(347kb)) をご覧下さい。


●2009.01.13
EURO UPDATE-
Eurosurveillanceの1月8日号が、オランダの障害者施設内で発生したNON-TYPEABLE MRSA感染について報告しました。


●2009.01.07
Y'S INFORMATION-
Dispatch 最近の話題に、「医療現場における消毒・滅菌のためのCDCガイドライン 2008」を掲載いたしました。



●2009.01.06
あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

*なお、昨年までの更新履歴は「顕微鏡画像」下のリンクボタンで ご覧になることができます。