Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2009 > アイルランド共和国で初めて検出されたクラスAカルバペネマーゼ産出肺炎桿菌
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2009/04/07

アイルランド共和国で初めて検出されたクラスAカルバペネマーゼ産出肺炎桿菌

FIRST IDENTIFICATION OF CLASS A CARBAPENEMASE-PRODUCING KLEBSIELLA PNEUMONIAE IN THE REPUBLIC OF IRELANDの要旨 Eurosurveillance, Volume 14, Issue 13, 02 April 2009 http://www.eurosurveillance.org/ViewArticle.aspx?ArticleId=19163
2009年2月、アイルランド共和国リマリックの三次医療センターは、Eテストによってメロペネム耐性の肺炎桿菌分離株を検出した。これは、アイルランド共和国での初の症例である。 この分離株は、慢性閉塞性肺疾患の悪化より入院した60歳の男性患者から、入院の48時間後に採取されたものであるが、全てのβラクタムに対して耐性であったばかりか、3種の非βラクタム抗生物質に対する感受性も弱まっていた。アイルランド共和国におけるカルバペネマーゼ(KPC)産出肺炎桿菌の出現は、公衆衛生の観点から懸念される事項となっている。 KPC産出細菌の検出は、感染制御と公衆衛生において重要な意味を持っている。
<訳註>
肺炎桿菌については、 「Y’s Letter No.36 ヒトに常在する腸内細菌科細菌」をご参照ください。
Eurosurveillance 2009.04.02/ Yoshida Pharmaceutical 2009.04.07

関連サイト