Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2009 > 2008年から2009年の間にデンマーク、北ジーランドで発生した Clostridium difficile PCR ribotype 027 感染
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2009/04/23

2008年から2009年の間にデンマーク、北ジーランドで発生した Clostridium difficile PCR ribotype 027 感染

OUTBREAK OF CLOSTRIDIUM DIFFICILE 027 IN NORTH ZEALAND, DENMARK, 2008-2009の要旨
Eurosurveillance, Volume 14, Issue 16, 23 April 2009

http://www.eurosurveillance.org/ViewArticle.aspx?ArticleId=19183

デンマークで発生した Clostridium difficile PCR ribotype 027 感染のうち、73件はコペンハーゲン北部で発生したものであるが、ジーランドで発生した症例と何らかの関係があるものと見られている。症例のうちのほとんどが医療施設での感染であり、また、患者は以前に抗生物質による治療を受けたことのある者であった。
この大量発生により、関係する病院の衛生基準が強化された。また、全国の微生物学研究所に対しては、感染の発生への警告と、毒素分析とPCRリボタイピングのための分離株の提出の奨励が行われた。
Eurosurveillance 2009.04.23/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2009.04.28

関連サイト