Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2009 > スコットランドとスペインで確認された新型インフルエンザA/H1N1 菌株の人への感染例: パンデミックフェーズ4に
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2009/04/30

スコットランドとスペインで確認された新型インフルエンザA/H1N1 菌株の人への感染例: パンデミックフェーズ4に

PANDEMIC PHASE LEVEL 4: HUMAN CASES OF THE NOVEL INFLUENZA A/H1N1 STRAIN CONFIRMED IN SCOTLAND AND SPAINの要旨
Eurosurveillance, Volume 14, Issue 17, 30 April 2009

http://www.eurosurveillance.org/ViewArticle.aspx?ArticleId=19185

新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス(ブタインフルエンザ)感染の世界的蔓延が続く中、2009年4月27日、WHOはこの新型インフルエンザのパンデミックフェーズを4に引き上げた。ヨーロッパでは、初の感染症例がスペインで2例、スコットランドで2例確認された。
スペインとスコットランドの患者は全てメキシコへの旅行から帰国後発症している。
<訳註>
新型インフルエンザの最新情報については、こちらをご参照ください。

Eurosurveillance 2009.04.30/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2009.05.07

関連サイト