Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2009 > スペイン北部のバスク地方にて急速に広まった薬剤耐性インフルエンザAウイルス – 2001年1月-2008年9月
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2009/05/21

スペイン北部のバスク地方にて急速に広まった薬剤耐性インフルエンザAウイルス – 2001年1月-2008年9月

RAPID SPREAD OF DRUG-RESISTANT INFLUENZA A VIRUSES IN THE BASQUE COUNTRY, NORTHERN SPAIN, 2000-1 TO 2008-9の要旨
Eurosurveillance, Volume 14, Issue 18, 14 May 2009

http://www.eurosurveillance.org/ViewArticle.aspx?ArticleId=19215

近年、アダマンタン耐性インフルエンザA(H3N2)ウイルスとオセルタミビル耐性インフルエンザA(H1N1)ウイルスが世界的増加を見せている。
スペイン北部の地域で2001年1月から2008年9月の間に確認されたインフルエンザAH3ウイルスのうちアダマンタン耐性のものは45.3%であった。2000年1月から2002年3月の間のインフルエンザシーズンにおいてはアダマンタン耐性ウイルスの発生は無かったものの、2003年4月に初めて確認されて以降はその数が急激に増加した。
インフルエンザAH1ウイルスの中にアダマンタン耐性のものは確認されなかった。
分析された172件のインフルエンザAウイルス(AH1 76件、AH3 96件)のうち、5つの菌株がオセルタミビルに対する耐性を示した。その5件全てが最新期に確認されたものである。
この地域でアダマンタンが使用されることは稀であり、オセルタミビルに至っては全く使用されていない。この点から、国外から薬剤耐性インフルエンザが輸入されることによって国内の耐性が増加しているものと考えられる。
<訳註>
新型インフルエンザに関する国内の通知・ガイドラインおよび CDC、WHOのガイドラインについてはこちらの最新情報をご参照ください。
Eurosurveillance 2009.05.21/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2009.05.25

関連サイト