Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2009 > インフルエンザA(H1N1)V の蔓延を抑えるために重要な手法としての学校閉鎖 : モデルケース
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2009/06/18

インフルエンザA(H1N1)V の蔓延を抑えるために重要な手法としての学校閉鎖 : モデルケース

SCHOOL CLOSURE IS CURRENTLY THE MAIN STRATEGY TO MITIGATE INFLUENZA A(H1N1)V:A MODELING STUDYの要旨
Eurosurveillance, Volume 14, Issue 24, 18 June 2009
http://www.eurosurveillance.org/ViewArticle.aspx?ArticleId=19240
新型インフルエンザA(H1N1)v株の出現後、差し迫ったインフルエンザのパンデミックに関する懸念が高まっているが、新型インフルエンザA(H1N1)vの蔓延に対する介入戦略がヨーロッパの環境においてどれだけの影響力を持つかを評定するため、メキシコでの最近のデータに数理的モデルが用いられている。
人口2,000人の地域で累積罹患率が1%の段階ですべての学校を閉鎖するという介入策を取ると、何も対策を行わない場合と比較して発症例数が89.3%まで減少することが見込まれる。この対策法と共に、発症者に対する治療、自宅での隔離を実施すれば、累積罹患率が94.8%減少することが見込まれ、伝播の継続期間もかなり短くなると思われる。
予防用のワクチンが開発されるまでは、時宜を得た治療と自宅での隔離を学校閉鎖と組み合わせた対策に関する積極的なサーベイランスがインフルエンザA(H1N1)v の蔓延に対する効果的な戦略であろう。
<訳註>
新型インフルエンザに関する情報は
こちら」をご参照ください。

Eurosurveillance 2009.06.18/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2009.06.24

関連サイト