Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > 欧州(Eurosurveillanceより) > 2009 > 日本におけるインフルエンザA(H1N1)V ウイルス感染に関する疫学的考察 . 2009 年5月~6月
EURO Update
欧州(Eurosurveillanceより)
2009/06/18

日本におけるインフルエンザA(H1N1)V ウイルス感染に関する疫学的考察 . 2009 年5月~6月

EPIDEMIOLOGY OF INFLUENZA A(H1N1)V VIRUS INFECTION IN JAPAN, MAY . JUNE 2009の要旨
Eurosurveillance, Volume 14, Issue 24, 18 June 2009

http://www.eurosurveillance.org/ViewArticle.aspx?ArticleId=19237

2009 年5月9日から6月4日の間、日本では16都道府県で合計401件のインフルエンザA(H1N1)v ウイルス感染が確認された。最も感染が多いのが大阪府と神戸市で、この2つの地域では高校での流行が発生し、それによって学校閉鎖が行われた。現在のところ、すべての症例が季節性インフルエンザと同じ症状を見せており、重症例や死に至るようなケースは報告されていない。

<訳註>
新型インフルエンザに関する情報は「こちら」をご参照ください。
Eurosurveillance 2009.06.18/ Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2009.06.24

関連サイト