Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 大阪感染制御薬剤師研究会における感染対策の現状および統一マニュアルに対する意識調査
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.14 No.2 Summer 2009

大阪感染制御薬剤師研究会における感染対策の現状および統一マニュアルに対する意識調査

太田 美由希(大野記念病院 薬剤部)

はじめに

医療機関における感染対策の一環として、多くの施設では感染対策委員会の設置や感染対策マニュアルの作成を行っている。今後はさらに、地域連携による感染対策が求められている。そこで今回、大阪地域における感染対策の連携を目的に、大阪感染制御薬剤師研究会参加施設において、感染対策の現状および統一データベース、標準使用マニュアル作成に対するアンケート調査を行ったので紹介する。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.14 No.2 p7 Summer 2009

関連サイト