Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report > 社会福祉法人 恩賜財団 済生会西条病院
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.14 No.1 Spring 2009

社会福祉法人 恩賜財団 済生会西条病院

手術時手指消毒におけるウォーターレス法をいち早く導入

済生会西条病院のICTは平成14年に発足した。NST・褥瘡対策委員会の合同チームとして動いているのが特徴で、総合的に対策を立てていく形をとっている。医師4名(ICD 2名)、看護師は各部署から2名、薬剤師2名、栄養士3名、検査技師2名、用度課から1名と、計36人から成り、メンバーは職員の1割強を占めていることになる。発足以来メンバーはほとんど変わらないので、継続的な活動ができるのも強みだ。ICT活動の中心的役割を担っておられるのが、副院長であり外科部長の石井博先生だ。今回は石井先生と、薬剤師の伊藤三恵先生にお話を伺った。

DATA
住所:愛媛県西条市朔日市269-1 昭和33年、赤松病院から社会福祉法人恩賜財団済生会西条病院と改称。昭和61年、現在地に新築移転し、最新設備を充実させて高度医療や二次救急医療に対応。瀬戸内海離島巡回診療の実施、老人保健施設「いしづち苑(西条市在宅介護支援センター併設)」の設置などを経て、西条市の中核的公的医療機関として地域医療に貢献してきている。日本医療機能評価機構の認定取得(平成17年に再認定)。
診療科目数:11科
職員数:265名
ベッド数:150床(一般122、ICU 4、回復期24)
稼働率:89.7%
平均在院日数:16.5日
年間手術件数(入院手術のみ):1,145件
副院長、外科部長:石井 博先生
薬剤師:伊藤 三恵先生

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.14 No.1 p4-6 Spring 2009

関連サイト