Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2009 > Clostridium difficileの減少続く
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2009/01/16

Clostridium difficileの減少続く

Clostridium difficile infections continue to fall
Health Protection Report December 19, 2008, Vol 2 No 51
http://www.hpa.org.uk/hpr/archives/2009/news0209.htm#cdiff
http://www.hpa.org.uk/hpr/
英国における病院患者のClostridium difficile感染数が減少し続けている。
2008年7月から9月の最新四半期の感染数は8,947件。これは、前年の同期と比べると33%の減少、前四半期と比べると18%の減少となっている。
英国は、2010年の11月までに、2007年8月のC. difficile感染基準値に対して30%の減少させることを目標として定めている。次の結果は、4月16日に発表の予定。
また、1994年に発表されたClostridium difficile infection:prevention and managementに替わって、C. difficile感染の予防と管理に関する最新のガイドラインも発表されている。このガイドラインには、1994年のガイドラインでは触れられていなかった、臨床的管理のための国全体の体制を考慮に入れた最新の感染制御と環境衛生についても表記されている。
HP Report : 2009.01.16/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2009.01.20

関連サイト