Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 海外の感染対策情報 (各機関週報より) > イギリス(HPA-HPRより) > 2009 > インフルエンザA/H1N1(ブタ由来): 2009年5月22日時点での英国の状況
UK Update
イギリス(HPA-HPRより)
2009/05/22

インフルエンザA/H1N1(ブタ由来): 2009年5月22日時点での英国の状況

Influenza A/H1N1 (‘swine-lineage’): UK situation at 22 May 2009
Health Protection Report 22 May 2009, Vol 3 No 20
http://www.hpa.org.uk/hpr/archives/2009/news2009.htm#h1n1
http://www.hpa.org.uk/hpr/
5月22日金曜日の時点で、英国内におけるブタ由来インフルエンザA/H1N1の感染症例は感染が確認されたものと感染が疑われるものを合わせて117件であった。
その内訳は、イングランド108件、北アイルランド1件、スコットランド10件となっている。
Health Protection Agencyは旅行者に対し、学校の中間休業の間に海外へ旅行する際にはブタインフルエンザへの警戒をするよう呼びかけている。訪れる国に関する情報や、感染制御に関する情報などについて外務英連邦省で確認すること。
メキシコ国内におけるブタインフルエンザの流行や入院患者数の現象を考慮し、外務英連邦省は、今後特に注意が必要な場合を除きメキシコへの旅行に対して何らかの勧告をすることはないとしている。
また、HPA職員によって行われて来たメキシコからの便に対する対応も今後は行わない。ただし、飛行機での旅の後にブタインフルエンザ感染の危険にさらされていると考えられる個人の接触追跡は、他の伝染病のケース同様その危険に基づいて行われる。
<訳註>
新型インフルエンザに関する国内の通知・ガイドラインおよび CDC、WHOのガイドラインについては、こちらの最新情報をご参照ください。
HP Report : 2009.05.22/Yoshida Pharmaceutical Co Ltd: 2009.05.29

関連サイト